HG グレイズ METAL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HG グレイズ METAL
前回更新2016-5-7 18:49   ヒット数3672  
57Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
キット: HG グレイズ
改造パーツ(1): M.S.G ダクトノズル
改造パーツ(2) プラ板、プラ平棒、プラ棒、金属パーツ
この作品をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。
この作品について
作成期間が五ヶ月。

今回はディティールアップとメタルカラーの艶ありの完成度を追求した改修になりました。おもいっきり作成に時間がかかっちゃいましたが無事に出来て良かったです。

------------------------------------

☆作成工程&改修点。

1、基本のヤスリ処理(400〜1000番)で表面処理とエッジ出し&合わせ目処理&塗装を見越してのクリアランス微調整&爪先等のパテ盛りでの鋭角化。
2、ディティールアップとして肩、アキレス腱にプラ板棒を加工してヒートシンク(シイタケ)表現改造。
3、肩部にスラスターを追加。
4、胸、股間にプラ材を組み合わせ加工して機械的なディティール追加。
5、ヒザ、足甲のサイドをピンバイスで穴を開けて情報量追加。
6、肩装甲、腰周りの装甲、背中の推進装置の裏側をプラ材にて裏打ちディティールアップで密度感を追加。
7、エイハブリアクター、モノアイ部分はゴールドの曲面追従シートを貼りリアリティーを追求。
8、バーニア内部は棒パイプ状の金属パーツを内部に追加設置してゴールド系で仕上げました。
9、市販の水転写デカールで情報量を追加。

------------------------------------

☆塗装方針。

塗装はGXメタルピーチを基本色として色分けをし光映える綺麗目系統の塗装にしてあります。

その後、クリアーと金属粒子少量を混ぜた塗料で薄吹きをしてキラキラ感の追加。

仕上げはクリアーで最終コートをしています。
(その後、塗装の徹底した均一な光沢塗膜チェックとリカバリーを数回納得いくまでやり直しました。)

HG グレイズ METAL サブ画像1
サブ画像1:記載なし
HG グレイズ METAL サブ画像2
サブ画像2:記載なし
HG グレイズ METAL サブ画像3
サブ画像3:記載なし
HG グレイズ METAL サブ画像4
サブ画像4:記載なし
HG グレイズ METAL サブ画像5
サブ画像5:記載なし
HG グレイズ METAL サブ画像6
ご観覧ありがとうございました。
57Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
  • コメント
  • コメント(旧ブラウザ用)
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
この作品を見た人はこんな作品も見ています


Facebookページもフォロー!