対峙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
対峙
前回更新2017-5-21 16:55   ヒット数889  
45Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
この作品をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。
この作品について
MB社の新商品案内の無塗装完成見本をみて、もの凄い躍動感とシズル感にやられて購入したものです。素晴らしいキットの紹介も兼ねてこちらに掲載させていただきます。
* 製作:箱出しをほぼそのまま組んで塗装しています。装備品などのすべてのパーツがしっかりと密着する設計で、非常に組み立てやすいキットです。追加加工としては、袖や襟首、上着の裾は彫り込んで薄さを出し、馬具の一部は金属細線に置き換えました。手綱はプラペーパーです。
* 塗装:着色部はすべてファレホの筆塗りです。筆はブンセイドウの丸筆0と4/0、ハセガワ熊野筆面相とぼかし筆の4本を使用しました。ドライブラシを多用する塗装法のため光沢が出てしまいますので、フィニッシュはリキテックスのパーマネント・マット・バーニッシュをスプレーしました。
対峙 サブ画像1
MB社の商品紹介画像とほぼ同じ角度から。上段から切り掛かるのはドイツ帝国の騎兵、体勢を崩しながらも袈裟切りに胴を狙うのが大英帝国の騎兵です。
対峙 サブ画像2
反対側から。なんとこのキット、2体の騎兵を支えるのは馬の脚の一点のみです!。キットには一応ピンが立っていますが、強度を考えて金属線に置き換えました。
対峙 サブ画像3
フィギュアのアップです。騎兵刀(サーベル)は洋白線を削って刃をつけました。ギラリと光ってイイ感じです。
対峙 サブ画像4
恒例のエナメル瓶との記念写真。馬がかなり大きいので、それほど小さなキットではありません。ダイソーのミニコレクションケースに綺麗に収まります。
ベースは黒っぽい地面が欲しかったため、コクタンの板材としました
45Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
  • コメント
  • コメント(旧ブラウザ用)
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
この作品を見た人はこんな作品も見ています


Facebookページもフォロー!