Piaキャロットへようこそ!!3 愛沢ともみトロピカルVer

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Piaキャロットへようこそ!!3 愛沢ともみトロピカルVer
前回更新2017-8-22 21:48   ヒット数653  
37Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
改造パーツ(1): 手芸用の紫リボンと木工ボンド
この作品をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。
この作品について
Piaキャロットへようこそ3より 愛沢ともみ トロピカルタイプ
ツインテールVer&ショートカットVer

ディーラー名 アグレッシブ 原型師 みすまる☆ましい さん。 サイズは5分の1サイズです。

以前公開した木ノ下貴子のパレオ柄の本数を
更に上回っている狂気(笑 の塗装を行っています。

なおトロピカルタイプでの全パターン組み合わせを目指し、
実現させてますので撮影枚数が合計で150枚近くと
凄いことになっているので
今回は別URLページにて興味のある人は見てもらえれば、、、と思います。

ツインテールVer
http://naduki.s500.xrea.com/tomomi8Pia2t/tomomi_t.htm

ショートカットVer
http://naduki.s500.xrea.com/tomomi8Pia3s/tomomi_s.htm

以上のリンク先を見てもらえれば幸いです。
たぶん見れるとは思いますが、、、
Piaキャロットへようこそ!!3 愛沢ともみトロピカルVer サブ画像1
使った塗料とか、、、
肌色はクリアーオレンジ+フレッシュ1番+ちょっとイエロー。
肌シャドーにはクリアーオレンジを足したものを使用。
ジャケット部分はガンダムカラーのコバルトブルー。
ホワイトは基本的にホワイトパール。
タイトスカートおよびリボンと靴はパープルにブラックをプラスしたもの。
イエロー部分はイエロー。
ゴールド部分はガイアノーツ製リーフゴールド(だったかな?)を使用。
Piaキャロットへようこそ!!3 愛沢ともみトロピカルVer サブ画像2
パレオは基本色をガンダムカラーのコバルトブルーを基調として
1回目塗装をホワイト主体のコバルトブルーちょっとだけ混入の水色。
2回目塗装はコバルトブルーにちょっとブラックで暗めにしたもの、コバルトブルーだけでもOK。
3回目はコバルトブルーにホワイトを混ぜたもの、、、、とは言え1回目塗装の水色とコバルトブルーの中間ぐらいのちょいコバルトブルー。
最後にお好みでコバルトブルーグラデーション塗装でコーティング。
そんな感じですね。まあ元々グラデーション塗装が好きなんで(笑
出来るだけ基本色を使いリタッチの際に混色で困らない様にしています。
なので”エアブラシでの吹きつけによる濃淡”で塗装しています。リタッチでの色あわせは大変難しいですから
その方が確実なんです。
Piaキャロットへようこそ!!3 愛沢ともみトロピカルVer サブ画像3
結局、、、各種組み合わせでツインテールとこのショートカットVerで画像数が150枚超えていた(^^;
まあ、当初から100枚は軽く超えると思っていたが、、、、
今回はちょっと下側の光源が強かったがCG合成の際は屋外での合成がメインだから
反射光の関係もあってこれでOKだったと思う。それにしても十分な光量のある環境ではパレオ柄が綺麗に見えるなぁ〜大満足です。
Piaキャロットへようこそ!!3 愛沢ともみトロピカルVer サブ画像4
今回のCG合成について
ショートカットVerは高瀬瑞希ビキニVerのレンダリングデータ及びフォトショップデータを
そのまま引っ張ってきました(笑
ショートカットVerはお手軽をコンセプトに、、、、というかツインテール派なんだ、私は(笑
それでもデータ自体は良いデータだから無難に仕上がったかな〜そこそこ手を抜いている割には。
レンダリング時間も40分程度だったのも良かった。
Piaキャロットへようこそ!!3 愛沢ともみトロピカルVer サブ画像5
頭部コンパチ仕様にする為とかジャケットの背中の繋ぎ目が気に入らないから
通常は交換時に左右からモナカ形式で接続する所を今回はジャケットの前部を開き気味にして接着し本体へ上から差し込む仕様にしてます。
一応塗装表面は交換時に本体に傷がつかない様に作成してますがキチキチ仕様なんで交換には非常に神経を使います。

パレオ部分は”極わずかに、しならして”挟み込む様に接続しているので
こちらもキチキチで交換に神経を使います。なので接着剤を使わなくても十分に接合強度はあります。
もっともパターン組み換えの際には外さないといけないので接着はしませんが。
あまりこだわりがなければ自分が好きな固定作成した方が遥かに楽です。
今回はどうしても”全パターン実現”を目指したために色々と酷い目(笑 に逢っています。
そ〜いや頭部と本体の接続がジャケットの改修により合わなくなって首のバンドと頭部を切り分けてたんだよなぁ〜
結局、再接続し直し元通りにしたんだけど、あの苦労は何だったのかと。

あっ!それと前髪は以前ジャンク品で保管してあったともみの水着Verを再利用しています。
なので本来の前髪の形状はショートカットVerにて使用してます。
どっちにしろ、このともみのキットをいくつか作っていたら前髪は余るので
(たしかまだ2個ある〜ツインテールのみ作るからショートの前髪が余る余る(笑  )
このキットに前髪が一個だろうがまったく影響はありません。

、、、、とりあえず、全パターン組み合わせ完全制覇!宣言しておきます♪
あ〜疲れた。
Piaキャロットへようこそ!!3 愛沢ともみトロピカルVer サブ画像6
たぶん今までで一番気合の入っているキットだと思います。
でもやっぱり5分の1サイズは片手で支えながら塗装するのは疲れますね。レジンの塊なんで重すぎw

最後までご覧頂きありがとうございます。
37Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
  • コメント
  • コメント(旧ブラウザ用)
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
モデラー
二つ星
Aesopさん 感想ありがとうございます。

今回はかなり神経を使いました。塗装はげなんて
この手の造形物には致命的ですしね。
なので徹底的に仮組みばかりしてましたw
、、実はレジンの2分の1サイズベルダンディーも
持ってたりwそちらは中身が中空なのでそこまでは
重くは無いのですがBOMEさんのフルメタルパニックの
テッサとカナメは大きくてこれは重くて手が引きつります(笑

>個人的にはジャケットありのビキニパンツが一番好きです。

ああ、やっぱり判りますか!私もあれ好きなんですよ。
色の配置といかにも南国リゾートでの格好みたいな
絶妙なバランスがいいですね。

髪の毛の塗装については基本はブラウン単色ベースの
ホワイトをハイライト部分に配置して
それからはクリアーイエローを塗装しているだけです。
ホワイトの範囲を増やせばクリアーイエローで
綺麗な金髪もどきになります。
まだ投稿していないPia3の高井さやかやベルダンディー(竜人さん原型の有名なワンピ水着)の方が
綺麗かも知れません。
また後日公開する予定ですので期待してください。
では。
返信
投稿日時: 2017-8-24 20:03
モデラー
二つ星
ゲスト2017-8-23 18:13さん

コンパチ仕様にあたり結構苦労しました。
やはり首周りの調整が難しいですね。
基本的にどちらもいける仕様だったのですが
ジャケットの組み方の変更により難易度が
増してしまったのが誤算でした。
昔のキットも良いものがたくさんあるので
今でもオークションなどで落札してたりしています。

>良い作り手さんが居ればこそと思いました

フィギュア職人はキャラへの愛情。
ガンダム職人はガンダムへの愛情。
(刹那なら俺がガンダムだと言いそうw)
これが良い物を作る秘訣だと思います。

感想ありがとうございました。
返信
投稿日時: 2017-8-24 19:53
モデラー
三ツ星
ガレージキットでの組み換え、神経使いますよね。私の場合はもっぱら完成品フィギュアですが、それでも、結構色移りさせちゃったりすることもあります。
「5分の一は重い」というのはよくわかります。自分も6分の1ならキャストキット作ったことあるので(ちなみに完成品フィギュアは4分の1を持ってたこともありましたが、すごく重かったです)。
リンク先の画像拝見しましたが、やはり全パターンそろっていると壮観ですね!個人的にはジャケットありのビキニパンツが一番好きです。
パレオのマスキングも勿論きれいだとおもったのですが、髪の毛の金色もとってもきれいだと思いました。こちらはグラデーション塗装などは特別なことをされたのでしょうか?
良いものを見せていただきました♪
返信
投稿日時: 2017-8-24 8:41
アバター設定なし
ゲスト
ツインテールとショートのコンパチ仕様は、なかなか面白いですよね(笑)

パレオ柄もそうですが全体的に生き生きしていてキットの魅力を十二分に引き出していると思えますし以前に過去の作品でも現在に通用するオーパーツみたいな物もあると言っていましたが、良い作り手さんが居ればこそと思いました
返信
投稿日時: 2017-8-23 18:13
この作品を見た人はこんな作品も見ています


最近の投稿
Facebookページもフォロー!