Piaキャロットへようこそ!!3 高井さやか&愛沢ともみ フローラルミントVer

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Piaキャロットへようこそ!!3  高井さやか&愛沢ともみ フローラルミントVer
前回更新2017-9-11 23:22   ヒット数462  
34Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
改造パーツ(1): プラ板
この作品をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。
この作品について
Piaキャロットへようこそ3より
高井さやかフローラルミント Ver&愛沢ともみフローラルミント Ver。

ムサシヤ製 6分の1サイズ 原型師 Wood氏

これは2005年に委託作成した奴でして同じキットをこれを合わせて過去に3回ほど作ってます。
(つまり、、、高井さやか&愛沢ともみ×3体=6体wwwwww)
一応これは当時、大変お世話になっていたお店の展示用として提出しました。
それとは別に同じキットをもう一体”自分用として”持ってます。貴重な最後の1体だそうで、、倉庫にあったのを
報酬として頂きました。
もうかなり古い作品ですが自分の作ったキットの中で1,2位を争う程の造形美だと思います。
自分は髪の毛の造形が良ければ他の造形も素晴らしいと言う偏った考えの持ち主なんで(笑
世間一般で言うところの変タィ、、、いやフェチですね(^^;
しかし髪の毛の造形は凄すぎです。正直初めてこの二重構造の髪の毛の造形をホビージャパンで見たときは
鳥肌ものでした。
Piaキャロットへようこそ!!3  高井さやか&愛沢ともみ フローラルミントVer サブ画像1
そして、、、髪の毛の整形と複雑な構造に苦しむのであった(笑
細い髪の毛をガチで表現するとこういう風になります。
こういう表現ってそうそうお目にかかれません。
頭の髪の毛は4分割なので4つを一つにして上から”カポっと”入れれる様に多少の工夫は必要です。
あと時間経過によるパテのひび割れも無くはないので、そこら辺も気をつけます。パテの混合比率が適正であれば
問題はないのですが、、、当時は良いパテが身近になくて大変でした。今は問題ないですけどね。
Piaキャロットへようこそ!!3  高井さやか&愛沢ともみ フローラルミントVer サブ画像2
贅沢を言えばサイズが5分の1だと良かったかも、、、なんですが非常に絶妙な造形バランスなので
このサイズで良かったのかも知れません。
ちなみに、付属している、しょぼいお盆は使ったことが無く(笑 毎回自作してます。
1回目と二回目はプラ板二層による作成→多少は大きく丸く切ったベースプラに少し小さい丸プラ板(文字を彫ってます)を貼りつけて熱でお盆の形にする
、、、けどやっぱり接着剤は外れる運命wなので再度接着剤とパテ盛り&整形(小さい丸プラ板の周りにパテ盛れば同じ大きさになる)
今回はお盆はクリアープラ板、塗装を2層として手描きとマスキングを駆使してみました。
単にPia3のタイトルやしの葉を描きたかっただけともいいます。
Piaキャロットへようこそ!!3  高井さやか&愛沢ともみ フローラルミントVer サブ画像3
今だったらこのキット、そんなに苦労して組み立てることも無いのですが購入時には上記の理由により結構大変だった記憶が残ってます。
しかし、、、今だしてもレベル的には古さを感じさせない凄い造形ですね。
Piaキャロットへようこそ!!3  高井さやか&愛沢ともみ フローラルミントVer サブ画像4
愛沢ともみについては高井さやかのおまけ程度にしか考えてなかった(笑
愛沢ともみに関しては最強原型師のみすまる☆ましいさんが居ますから、ど〜やっても、、、ね。
でも出来は良いですよ〜ただ、同時期に高井さやかのフローラルも同梱送付されていたので、、、、、もう地味で地味で。
とは言え、高井さやかに比べたら楽勝の作りやすいキットだったし意外と見栄えも良かったキットなんでお勧めです。
購入できる機会があればだけど、、、ほぼ無いですね(^^;
愛沢ともみはコールドキャスト完成品は出てますけど高井さやかは、、、、無理ですね(笑
Piaキャロットへようこそ!!3  高井さやか&愛沢ともみ フローラルミントVer サブ画像5
カラーレシピは
スカートはグリーンベースのハイライトは
ホワイトで最後にクリアーグリーンで全体上塗り。

スカートサイドのバインダーはホワイトに少しだけクリアーグリーン。気持ちパールも入っています。

フローラルミント本体はクリアーグリーンをベースに
ホワイトを多少加えて塗装。

髪の毛については、高井さやかがブラウンベースのホワイトハイライトにクリアーイエローで全体塗装。
愛沢ともみはブラウンベースのハイライトホワイトで
クリアーブラウンで全体塗装してます。

あと、、、ハイライト部分はこれでもかっ!って
言うぐらい細く塗装してます。

肌色は、、、かなり良い出来だと思うのですが
レシピはいつものクリアーオレンジ+ホワイト
だったと思います。
そのときによって配合変えるので覚えてません(^^;
まあ基本は変わらないので間違いはないと思います。
Piaキャロットへようこそ!!3  高井さやか&愛沢ともみ フローラルミントVer サブ画像6
最後まで長文に付き合っていただき
ありがとうございました。
34Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
  • コメント
  • コメント(旧ブラウザ用)
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
モデラー
二つ星
ゲスト2017-9-12 4:34さん 

この当時の髪の毛のハイライト入れはかなり気合を
入れていた時期だったので今では考えられないほど
時間をかけてました〜。
今は、、、あの当時よりはおとなしくなってます(笑

今回の背景合成はレンダリングは使わずにフォトショップのみで
背景合成を行いました。
良い素材があれば使えるのですが自分のイメージとの
相談でベストを選択して作成してます。
やはりお花畑は良いですね♪

コメントありがとうございました。
返信
投稿日時: 2017-9-12 20:28
アバター設定なし
ゲスト
髪の毛の繊細なグラデーションが良い味わいを出してますよね

そのせいで最初見た時に背景と違和感なかったので一瞬フルCGと錯覚しました(笑)
返信
投稿日時: 2017-9-12 4:34
この作品を見た人はこんな作品も見ています


Facebookページもフォロー!