Departure

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Departure
前回更新2018-3-17 18:02   ヒット数601  
41Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
この作品をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。
この作品について
KLMカラーに魅せられて、旅行会社のカウンターにある旅客機模型イメージのデスクトップモデルとして製作しました。
製作:完全素組です(境界層板と脚庫扉だけはキットが余りにも分厚いのでプラ板で製作しましたが)古〜いエアフィックス製であるにも関わらず、驚くことにパーツの合いがバチピタで、組立てに苦労がありませんでした。
接着剤はリモネン、パテはシタデル、サーフェイサーはファレホ、塗装色はアクリルガッシュ、トップコートはモデルマスターの完全水性モデリングです。今回からハセガワのセラミックコンパウンドを使用しましたが、素晴らしい作業性で高い光沢が得られました。
Departure サブ画像1
KLMのブルーはもっと彩度が高いと思っていましたが、DC−9の時代は水色も紺色もかなり濁った色だった様ですね。
Departure サブ画像2
デスクトップモデルですので金属色の部分はメッキ調に。翼の前縁はAMCスーパーミラー(水性)、エンジン前縁はメッキシールです。
Departure サブ画像3
木工用ボンドで窓を入れましたが、抜けたままよりも抵抗感が出てイイ感じです。
Departure サブ画像4
脚は出たままですが、木製の台に固定してフライングポジションとしました。(旅行会社のモデルにもそのような仕様があります)
腹の下にM3のナットを仕込んでがっちりと固定しています。
41Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
  • コメント
  • コメント(旧ブラウザ用)
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
この作品を見た人はこんな作品も見ています


Facebookページもフォロー!