アンノウン・エネミー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンノウン・エネミー
前回更新2019-1-22 19:36   ヒット数836  
32Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
この作品をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。
この作品について
 ガンダムばっか追いかけていた私にとって、J型駆逐戦闘兵器ことヤクトミラージュの存在は、まさに常識外、規格外だった。
 デカい、折れそうなほど細い、強い、バカみたいに長いバスターランチャーを装備してる。モーターヘッド自体が他に例をみない先駆的で独創的なロボットだったけど、ヤクトミラージュはそれに輪をかけてショックを受けた。
 
 いつか手元にプラモが欲しいと思っていたけど発売されるはずもなく、ならば自分で作ってみようと思ったのがきっかけでした。

 HGのガフランを素体にしております。なんの思い入れもない機体だったし(AGEファンの方ごめん)、好き勝手改造しまくってやったぜゲヘゲヘ。

 名前は決めてないです。ほんとにAGEで呼ばれてたまんまの「UE(アンノウン・エネミー)」です。

 メインで手を加えたのは
  ・足の延長と胸の縮小
  ・MGの内部メカを組み合わせてそれっぽい形状を作る。
  ・モーターヘッドの特徴的な顔、ウエストをパテで造形。
 ぐらいでしょうか。

 いちお、自立はします。
 可動は……
アンノウン・エネミー サブ画像1
サブ画像1:記載なし
アンノウン・エネミー サブ画像2
サブ画像2:記載なし
アンノウン・エネミー サブ画像3
サブ画像3:記載なし
アンノウン・エネミー サブ画像4
サブ画像4:記載なし
アンノウン・エネミー サブ画像5
背後にできた影のシルエットがあまりにも「そのまんま」だったので、撮影時、部屋でひとり爆笑していました。
32Pt
投票
※重複投票はおこなえません。ポイントが減る場合
  • コメント
  • コメント(旧ブラウザ用)
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
ゲストコメントは管理人の承認後に表示されます。
IDをお持ちの方はログインしてコメントしましょう!
この作品を見た人はこんな作品も見ています


最近の投稿
Facebookページもフォロー!