プロモデラー岬光彰氏が、プラ板とタガネで「キレイなスリットの作りかた」をツイッターで伝授!

2017-11-13 17:06 配信:mg-editor   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロモデラーで原型師の岬光彰氏がツイッターにて、装甲表面などに同じ幅のスリットが等間隔に並んでいるというようなモールドを作るための、簡単で精度が高く出来る方法を教えてくれています。

たしかに、スジボリがうまい人であれば、パーツ表面にアタリを書いてタガネなどでスジボリすればOKではあります。
しかし、エッジをピシッと出したい場合や、長さや彫りの深さを均一にしたい場合、おなじようなモールドを複数作らなければいけない場合は、岬氏の方法は非常に便利でキレイに作れます。

簡単に手順を説明すると、
1.プラ板へタガネで等間隔にスジボリを彫る
2.必要な幅でプラ板を切り出す
3.等幅のスジボリ入り板ができたので、これで原型製作に使用する。
といったもの。
最初のプラ板へのスジボリをきれいに等間隔で彫れることと、プラ板を切り出すときに直角にキッチリ切断する技術は必要ですがね!

応用すれば、スジボリの本数を増やしたり、切り出す形を変えて、台形にスリットが並んでいる(だんだんスリットの幅が広くなる)ようなものを作ることができますよ!


そうそう、岬氏の写真が良い感じなのですごく大きく見えますが、完成したスリットの入った板は2cm角程度の大きさです。
ひとつご注意ください。
プロモデラー岬光彰氏が、プラ板とタガネで「キレイなスリットの作りかた」をツイッターで伝授!
ガルパン 西住みほ〜パンツァー・フォー!〜水着&戦車浮き輪Ver. 1/7フィギュア
プロモデラー岬光彰氏が、プラ板とタガネで「キレイなスリットの作りかた」をツイッターで伝授!完成
サブ画像1:記載なし
岬光彰氏のツイッター



記事を引用および紹介させていただくブログに関しましては、事前に紹介についての承認をいただいたサイト様の記事を紹介しております。

Twitterに投稿された引用および紹介については、Twitterの利用規約に則り、引用および紹介を行っておりますが、万一、個別に削除のご依頼ございましたら、お問合せよりご連絡くださいませ。
投稿をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。


ユーザーコメント
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
IDを持っている方はログインしてからコメントしましょう。


Facebookページもフォロー!