「PG ガンダムエクシア」の素組みレビュー!可動性能と発光の美しさに迫る!

2017-12-7 18:00 配信:mg-editor   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「LIGHTINGMODEL」と「通常版」の二形態で同時発売となった「PG ガンダムエクシア」。
『機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]』放送10周年を記念した究極の逸品ですね!
可動性能はもちろんのこと、そのスタイリングやMGやRGを経てのパーツ構成とプロポーション再現、なによりも「LIGHTINGMODEL」のLEDの配線構造や光りっぷりなど、気になるポイントが多いガンプラでもあります。
そんな中、早くも「ホビーの虜」さんでは、キットを素組みしたキットレビューが公開されています。
レビューされているのは「LIGHTINGMODEL」ということで、各部の可動性能とともに、その光りっぷりをたくさんの画像で紹介しています。

まずプロポーション。
HG、MG、RGなど、数多くの立体物がリリースされてきたエクシアだけに、非常に解像度の高いカッコイイ仕上がり!
PGでよくあるアレンジの“足首が大きい”ということもなく、非常にスマート!それでいて、ひょろっとスマートすぎるということもありません。
LEDユニットが内蔵されているとは思えないですね。
GNコンデンサ部はボリューム感たっぷりで、メリハリが効いているのもポイントですね。
頭部が大き目のバランスに見えますが、いやむしろこの人間っぽい頭身こそがエクシアらしさではないでしょうか?

外装はパーツ谷で細かく分割されており、それが同時にパネルラインとなっていて、RGの表現をさらに一歩進めた情報量の高さです。
じつはこの外装部は、部分的にハッチオープンギミックが内蔵されていて、メンテナンス風のディスプレイが可能です。
ちょっとクアンタムバーストっぽいですね(笑)。

頭部は特に下方へ良く動き、とってもうなずけます。
小スケールのキットで感じた、グラビカルアンテナとの干渉もあまりないようです。
レビューによれば「胴体から発光用のケーブルが伸びているので、首を必要以上に回すのは気を付けた方が良いですね」とのこと。

各関節の可動範囲は広く、おおよそ設定されている可動部はすべて可動します。
肩の付け根は、フレームがズルって出てくるような引き出し式ではなく、設定どおりの胸の左右ブロックごと大きく前後に可動する方式。
腹部も前後左右とロール回転であらゆる方向に可動します。
また、左右に傾けると脇腹の赤い装甲が連動可動するという、新機構入り!
腰フロントアーマーが三重関節で、脚部の可動に追随しつつ不自然なスキマが出ない構造になっています。
脚部もヒザのおなじみの二重関節と足首の可動で、正座まで行けます!
足の裏のクローまで可動するあたりは、宙に浮かせたポージングが多いエクシアならではでしょう。
ちなみに、GNブレイド(長・短)は腰にしっかりマウントできますが、マウント状態では脚の可動が制限されるという、エクシア系ガンプラ共通の弱点はここでも健在です。

そのほか、シールドの表面装甲が展開してクリアーグリーンのGNな部分が見えるギミックやGNソードのライフルモードとの切り替えなど、設定されている以上の説得力で立体再現された武器類も抜かりありません!

キットレビューは2ページ構成で、1ページ目は可動を。
そして2ページ目は発光とポージングを中心に紹介されています。
とにかく、その大きさ&存在感含めて、発光した姿がじつに美しいですね!
レビューでも「複数の発色発光パターンが見ていて飽きない美しいキットですね。
やはりこの発光が醍醐味と言えると思うのでLIGHTING MODELがおススメです!」と、太鼓判。

こうして見ていると、ビーム・サーベルが発光しないことだけが残念に感じますね(笑)。
2017年を締めくくるにふさわしい、高額&高性能なガンプラとなっています。PGの冠は伊達じゃありませんよ!
いや、本当、レビューを見れば見るほど、魅力的で欲しくなりますねぇ……。
「PG ガンダムエクシア」の素組みレビュー!可動性能と発光の美しさに迫る!
出典元:ホビーの虜
甲鉄城のカバネリ サンタ無名 美樹本晴彦描き下ろしVer. 1/7フィギュア F:NEX
「PG ガンダムエクシア」の素組みレビュー!可動性能と発光の美しさに迫る!完成
フレームを組んでから外装を取り付ける方式です
「PG ガンダムエクシア」の素組みレビュー!可動性能と発光の美しさに迫る!作例
サブ画像2:記載なし
「PG ガンダムエクシア」の素組みレビュー!可動性能と発光の美しさに迫る!改造
サブ画像3:記載なし
「PG ガンダムエクシア」の素組みレビュー!可動性能と発光の美しさに迫る!レビュー
ハッチオープン!
ガンプラ
手首は可動式と無可動式が両方付属
プラモデル
光ります!
ガンダム
サブ画像7:記載なし
マスターグレード
サブ画像8:記載なし

記事を引用および紹介させていただくブログに関しましては、事前に紹介についての承認をいただいたサイト様の記事を紹介しております。

Twitterに投稿された引用および紹介については、Twitterの利用規約に則り、引用および紹介を行っておりますが、万一、個別に削除のご依頼ございましたら、お問合せよりご連絡くださいませ。
投稿をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。


ユーザーコメント
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
IDを持っている方はログインしてからコメントしましょう。


Facebookページもフォロー!