下地処理はきれいにすべし!「ガイアノーツ プレミアムミラークローム」の金属感をレビュー

2018-1-18 17:53 配信:mg-editor   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金属の質感を塗装で表現する。
いわゆるメッキに近しい塗装は、モデラー全員の夢でありまして、各メーカーも金属質感を醸し出す塗料を開発し続けています。

そんな中で、ホビー系ブログ「ガンプラノヤマヲクズセ」さんでは、ガイアノーツのメッキ調塗料「プレミアムミラークローム」の使用感をレビューしてくれました!

この「プレミアムミラークローム」は、以前販売されていた、同社の「プレミアムメッキシルバー」の改良品という塗料で、エアブラシで塗装することでメッキのような金属管を模型へ与えることができるというもの。
価格は30ml瓶で1,500円と、文字通りプレミアムでございますね!

レビューによれば、エアブラシ専用に希釈されて瓶詰されているので、薄める必要はなく、そのままハンドピースでブワッと吹けるとのこと。
しかし、「その分あっという間に使い切ってしまう」ようなので、広い面積や多くのパーツを塗装したい時は、想定よりも多めに購入しておいたほうがよいようです。

レビューではパーツ状態でツルツルな「デザート用スプーン」に試しで塗装してまして、これがもうピッカピカですばらしくメッキ調な仕上がりになります。
隠ぺい力もブワッと塗っただけでも充分なようで、塗膜も非常に美しく仕上がるようです。

逆に、金属塗装の定番である、ツヤありの黒での下地を作ってから塗装すると、下地の塗膜のツヤあり感がデザートスプーンのツルツルには及ばなかったようで、やや曇り気味に仕上がっています。
プラスチック面の下地処理をかなり丁寧にしないと、美しいメッキ調にはならない模様です。
レビューでも試されていますが、1000番程度の紙ヤスリでは、ヤスリのキズがくっきり出てしまうほどです。
1500〜2000番、そしてコンパウンドでしっかりピカピカにしてあげてから「プレミアムミラークローム」を吹くとよいでしょう。

その他、レビューでは「EXシルバー」や「メッキシルバー」と比較したり、クリアーコートしたりと、さまざまな実験的な試みで、その性能を僕らに見せてくれています。

メッキ調な塗装が好きな人は必読のブログとなってます!

下地処理はきれいにすべし!「ガイアノーツ プレミアムミラークローム」の金属感をレビュー
ご注文はうさぎですか?? チノ 〜お花のブランコ〜 1/7スケールフィギュア
下地処理はきれいにすべし!「ガイアノーツ プレミアムミラークローム」の金属感をレビュー完成
サブ画像1:記載なし
下地処理はきれいにすべし!「ガイアノーツ プレミアムミラークローム」の金属感をレビュー作例
サブ画像2:記載なし
下地処理はきれいにすべし!「ガイアノーツ プレミアムミラークローム」の金属感をレビュー改造
1000番の下地処理では、こんなにヘアラインが見えてしまいます!

記事を引用および紹介させていただくブログに関しましては、事前に紹介についての承認をいただいたサイト様の記事を紹介しております。

Twitterに投稿された引用および紹介については、Twitterの利用規約に則り、引用および紹介を行っておりますが、万一、個別に削除のご依頼ございましたら、お問合せよりご連絡くださいませ。
投稿をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。


ユーザーコメント
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
IDを持っている方はログインしてからコメントしましょう。


Facebookページもフォロー!