『ガンダムTHE ORIGIN』MSDより「HG アクト・ザク(キシリア部隊機)」キットレビュー

2018-1-22 16:48 配信:mg-editor   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ガンダムTHE ORIGIN』MSDの最新作である「HG アクト・ザク(キシリア部隊機)」のキットレビューを、「ガンプラノヤマヲクズセ」さんと「くらくらプラモ」さんが公開されています。

そもそもアクト・ザクというMSは、80年代に展開していた『MSV』の後を受け継ぐ『MS-X』という企画で誕生した、ビーム兵器を携行できるザクの発展型バリエーション機のことです。
『機動戦士Zガンダム』にもちょっと登場していましたよ★

そのアクト・ザクの設定とデザインを整理して『ガンダムTHE ORIGIN』MSDシリーズとして再設定されたガンプラが、この「HG アクト・ザク(キシリア部隊機)」となります。
すでに、同じく『ガンダムTHE ORIGIN』MSDシリーズとして、プレミアムバンダイで「HG アクト・ザク」も予約受注されていますが、そちらは旧MS-Xの設定にならったカラーリングと肩アーマー&バックパックを持つもので、今回の一般販売されたガンプラ「HG アクト・ザク(キシリア部隊機)」は、MSD設定としては「テストタイプ」を先行でキリシア配下の部隊が使用している模様で、前述のように肩アーマーとバックパックの形状がMS-X版と異なります。
どちらにせよ、アクト・ザクは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』アニメ本編には登場しない模様なんじゃないでしょーか?

それはそれとして、キットレビューです。
キットは『ガンダムTHE ORIGIN』シリーズの「HG シャア専用ザクII」などと同じフレームと一部外装パーツを流用し、新規パーツを追加して構成したバリーエションキットです。
アクト・ザクはそのデザインでは、ザクっぽく無さが強調されているMSですが、そういった美味いパーツ流用の効果でMSDらしい「開発系統を感じさせる」造型となっています。
とはいえ、上腕と肩アーマー、ランドセル、お尻アーマーくらいしかザクIIとの共通パーツはないようです。

大きなポイントとなるのは、新規造形の武装類「4連装マシンガン」、「大型ヒートホーク×2」でして、合わせ目が段落ちモールド化されていて、組み立てやすく進化しているとのこと。
各関節の可動はザクのフレームの受け継いでいるので、柔軟な可動でアクションポーズを決めることができます。
ギミック面でも細かく進化が盛り込まれており、頭部は内部機構から新規造型で、モノアイの左右の移動が首の可動と連動するようになっているそうです。
頭部を回すとモノアイも同時に動きます。
これら含めてレビューでは「MGにも劣らないぐらい」とその完成度を絶賛しています。

というわけで、黒いボディに進化したHGオリジンザクIIの性能が堪能できる、良キットとなっているようです。
『ガンダムTHE ORIGIN』MSDより「HG アクト・ザク(キシリア部隊機)」キットレビュー
甲鉄城のカバネリ サンタ無名 美樹本晴彦描き下ろしVer. 1/7フィギュア F:NEX
『ガンダムTHE ORIGIN』MSDより「HG アクト・ザク(キシリア部隊機)」キットレビュー完成
サブ画像1:記載なし
『ガンダムTHE ORIGIN』MSDより「HG アクト・ザク(キシリア部隊機)」キットレビュー作例
サブ画像2:記載なし
『ガンダムTHE ORIGIN』MSDより「HG アクト・ザク(キシリア部隊機)」キットレビュー改造
サブ画像3:記載なし
『ガンダムTHE ORIGIN』MSDより「HG アクト・ザク(キシリア部隊機)」キットレビューレビュー
サブ画像4:記載なし
ガンプラ
サブ画像5:記載なし
プラモデル
サブ画像6:記載なし

記事を引用および紹介させていただくブログに関しましては、事前に紹介についての承認をいただいたサイト様の記事を紹介しております。

Twitterに投稿された引用および紹介については、Twitterの利用規約に則り、引用および紹介を行っておりますが、万一、個別に削除のご依頼ございましたら、お問合せよりご連絡くださいませ。
投稿をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。


ユーザーコメント
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
IDを持っている方はログインしてからコメントしましょう。


Facebookページもフォロー!