「HG ジム・ガードカスタム」とは?「THE GUNDAM BASE TOKYO POP-UP EVENT in SHIZUOKA」で衝撃の新製品が発表!

2018-4-20 17:50 配信:mg-editor   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京お台場にあるガンプラの聖地「ガンダムベース東京」を体感するイベント「THE GUNDAM BASE TOKYO POP-UP EVENT in SHIZUOKA」!
本日、4月20日より静岡にて開催されたのですが、その会場でどこよりも速く新製品が発表されたと、BANDAI SPIRITSホビー事業部のツイッターでつぶやいています。

その新製品とは「HG ジム・ガードカスタム」です!

どうですか、この見慣れない分厚いシールドを装備したツートンカラーのジム!
これはゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』に登場する機体で、2009年にそのゲーム用にデザインされたジムなのです。
しかしながらもともとの設定の出自は古く、80年代に展開していた『機動戦士ガンダム MSV』の時代に「1/144 ジム・スナイパーカスタム」の組み立て説明書の解説文に名前だけ登場したのが最初なのだそうです。
その名の通り、防御力を強化した護衛任務を主とするMSという設定です。
大河原邦男先生のイラスト企画『MSV-R』で設定が再度整理されたようで、りっぱなジムバリエーションとして、各種ゲームに登場しているそうです。

というわけで、イベント会場で展示された試作品では、件の大型の盾「ガーディアンシールド」も存在感たっぷりなのですが、その後ろに控えている連中にも目が行ってしまいます!
「HG ジム・スナイパーカスタム」「HG ジム・キャノン空間突撃仕様」「HG ジム・インターセプトカスタム」という、兄弟機ともいえるジムが、参考出品として並んでいるのです!

しかもお立合い!
もしかするとこれは「HGUC」ではない模様なのです。
だって背後のイラストパネルが、THE ORIGIN MSD」の開発系統図のものなんですもの!
さらに、「HG ジム・ガードカスタム」の各部ディテールやパーツ分割ラインなどを見るにつけ、いままでのHGUCのジム系のプラモデルとは明らかに異質なのですよ。

さて、真相はいかなるモノでしょう?
25日発売の模型雑誌などで発表となるかもしれませんが、速く知りたい人はすぐさま静岡の「THE GUNDAM BASE TOKYO POP-UP EVENT in SHIZUOKA」へ行ってみましょう!



「THE GUNDAM BASE TOKYO POP-UP EVENT in SHIZUOKA」の詳細はこちら!
会場:静岡パルコ B1F 特設会場
(〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町6-7)
開催期間:2018年4月20日(金)〜5月7日(月)
会場時間:10:00〜20:00 ※最終日は18:00閉場
入場料:無料
協力:創通・サンライズ

公式ページ
http://bandai-hobby.net/site/popup/shizuoka.html
「HG ジム・ガードカスタム」とは?「THE GUNDAM BASE TOKYO POP-UP EVENT in SHIZUOKA」で衝撃の新製品が発表!
ご注文はうさぎですか?? チノ 〜お花のブランコ〜 1/7スケールフィギュア
「HG ジム・ガードカスタム」とは?「THE GUNDAM BASE TOKYO POP-UP EVENT in SHIZUOKA」で衝撃の新製品が発表!完成
サブ画像1:記載なし
BANDAI SPIRITSホビー事業部のツイッター

記事を引用および紹介させていただくブログに関しましては、事前に紹介についての承認をいただいたサイト様の記事を紹介しております。

Twitterに投稿された引用および紹介については、Twitterの利用規約に則り、引用および紹介を行っておりますが、万一、個別に削除のご依頼ございましたら、お問合せよりご連絡くださいませ。
投稿をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。


ユーザーコメント
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
IDを持っている方はログインしてからコメントしましょう。


Facebookページもフォロー!