「MG ガンダムF91 Ver.2.0」のキットレビュー!引き締まったナイスなプロポーション!

2018-5-22 13:08 配信:mg-editor   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホビー系レビューサイト「ガンプラノヤマヲクズセ」さんでは、発売となった最新ガンプラ「MG ガンダムF91 Ver.2.0」のキットッレビューを公開しています。
キットは2006年7月に発売となった「MG ガンダムF91」のリニューアル版。
パーツの流用は一切なく、現代的な解釈を盛り込んで再設計された完全新規のガンプラとなっています。

キットレビューでは当然のことながら「Ver.1.0(便宜上の呼称)」と比較しています。
まず目に付くのがプロポーションの変化!
頭部の大きさと胴体部とのバランスが変わっていますし、四肢の比率も変わってます。
腕(ヒジ)のそうですが、とにかく顕著なのは脚部でしょう。
スネと太モモの比率も変わっていますし、なにより全体のラインがVer.2.0では柔らかな曲面主体の構成となっています。
足首アーマーやヒザなどの色気のあるライン取りは感嘆ものです★
プロポーションとして大きいのは腹部が長くなっているところも挙げられます。
設定画的にはVer.1.0のが近い形状なのですが、すらりとした現代的アレンジのための措置とおもわれます。
もちろん「さらに良く動く」と評されている可動性能のためのアレンジでもありますね。

動くといいますが、ギミックとして注目なフェイスオープンは、「差し替え式」のものと、「差し換え無しで変形」するものの2種類が付属。
造型が微妙に異なるので、お好みで選択して組み立てる仕様です。

Ver.2.0としての進化はパーツ分割にも表れています。
この時期の大河原デザインの特徴でもある、全身に走る黒いラインが、しっかりパーツ分割&成形色で再現されてます。
さらに各部の黄色いスラスターとその奥の黒い塗りつぶしまでパーツ分割で再現されているという凝った作りで、素組での再現性と情報量がはるかにアップしています。
そしてVer.2.0の最大のポイントは発光ギミックを搭載しているところ。
ディスプレイ用のスタンドに別売りのLEDユニットを搭載することで、胸部のダクトと背部のスラスターが発光するようになっています。
この効果のほどもレビューではしっかり検証されています。
必見です!
「MG ガンダムF91 Ver.2.0」のキットレビュー!引き締まったナイスなプロポーション!
ご注文はうさぎですか?? チノ 〜お花のブランコ〜 1/7スケールフィギュア
「MG ガンダムF91 Ver.2.0」のキットレビュー!引き締まったナイスなプロポーション!完成
旧MGと比較
「MG ガンダムF91 Ver.2.0」のキットレビュー!引き締まったナイスなプロポーション!作例
サブ画像2:記載なし
「MG ガンダムF91 Ver.2.0」のキットレビュー!引き締まったナイスなプロポーション!改造
サブ画像3:記載なし
「MG ガンダムF91 Ver.2.0」のキットレビュー!引き締まったナイスなプロポーション!レビュー
サブ画像4:記載なし
ガンプラ
サブ画像5:記載なし
プラモデル
サブ画像6:記載なし
ガンダム
頭部は2種類

記事を引用および紹介させていただくブログに関しましては、事前に紹介についての承認をいただいたサイト様の記事を紹介しております。

Twitterに投稿された引用および紹介については、Twitterの利用規約に則り、引用および紹介を行っておりますが、万一、個別に削除のご依頼ございましたら、お問合せよりご連絡くださいませ。
投稿をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。


ユーザーコメント
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
IDを持っている方はログインしてからコメントしましょう。


Facebookページもフォロー!