カレトヴルッフ三丁のド迫力!「MG ガンダムアストレイ レッドドラゴン」のキットレビュー公開

2019-3-7 16:55 配信:mg-editor   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホビー系レビューサイト「ガンプラノヤマヲクズセ」さんでは、プレミアムバンダイで予約受注されていた「MG ガンダムアストレイ レッドドラゴン」のキットレビューを公開しています。
キットは既発売にして名作ガンプラ「MG ガンダムアストレイ レッドフレーム」をベースキットとして、新規パーツを追加し、待望の大型武装「カレトヴルッフ」を三丁装備させたフライトユニットを追加したものです。

そもそもMGのアストレイシリーズは、プロポーション良好で可動性能も優秀なので、パーツ追加でもしっかり「化けてる」良作に仕上がっています。
本体のアストレイ部分は元々優秀なので、ここで注目すべきはカレトヴルッフでしょう!

元々は雑誌連載されていた公式外伝『ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R』に登場したバリエーション機で、このカレドヴルッフは掲載誌のホビージャパンでガンプラ付録にもなった、ロウが作ったマルチツールなんですね。
付録では組み替え&合体ギミックはあったものの、単色成形で1/144スケールでしたが、今回はMGということで、多色成形&組み替えギミックもバッチリです!
というかそもそも、レッドドラゴンというこの形態は初のキット化ですね!(当時のHJ誌付録には、フライとユニットそのものはないので、自作するしかなかったのです)

さてキットレビューでは、このギミック満載なキットの仕上がりを詳細に解説。
カレトヴルッフのパーツ構成や組み替えパターンもよくわかります。
この大型武器の保持用に付属するアクションベースもしっかり解説されてますよ!
しかしながらレビューでは、カレトヴルッフはその重さから「支柱を使わないと保持が厳しかったり、付属の手首でポロっと外れたりして危なっかしい所もありました」と、注意ポイントを指摘されてます。

とにかK装備盛りだくさんでまさしくドラゴンのようなシルエットがかっこいいアストレイなので、存在感抜群な仕上がりです。
なお、一般販売の「MG アストレイレッドフレーム改」では再現できない、通常のバックパックを装備したどノーマルなレッドフレームも、組み替えで再現できる(V字アンテナがちょっと違いますけど)というナイスギミックが搭載されているのも、このキットの特徴となってますよ☆
カレトヴルッフ三丁のド迫力!「MG ガンダムアストレイ レッドドラゴン」のキットレビュー公開
Re:ゼロから始める異世界生活 レム 1/1 胸像フィギュア
カレトヴルッフ三丁のド迫力!「MG ガンダムアストレイ レッドドラゴン」のキットレビュー公開完成
サブ画像1:記載なし
カレトヴルッフ三丁のド迫力!「MG ガンダムアストレイ レッドドラゴン」のキットレビュー公開作例
サブ画像2:記載なし
カレトヴルッフ三丁のド迫力!「MG ガンダムアストレイ レッドドラゴン」のキットレビュー公開改造
サブ画像3:記載なし
カレトヴルッフ三丁のド迫力!「MG ガンダムアストレイ レッドドラゴン」のキットレビュー公開レビュー
サブ画像4:記載なし
ガンプラ
サブ画像5:記載なし
プラモデル
サブ画像6:記載なし
ガンダム
サブ画像7:記載なし
マスターグレード
サブ画像8:記載なし
ガンプラ作例
サブ画像9:記載なし
ガレージキット
サブ画像10:記載なし

記事を引用および紹介させていただくブログに関しましては、事前に紹介についての承認をいただいたサイト様の記事を紹介しております。

Twitterに投稿された引用および紹介については、Twitterの利用規約に則り、引用および紹介を行っておりますが、万一、個別に削除のご依頼ございましたら、お問合せよりご連絡くださいませ。
投稿をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログやSNSでこの作品を共有
画像のサイズ: 
サイトやブログ、SNSにコードを貼りつけてYouTubeのような共有がおこなえます。
お使いのサイトに合わせて作品画像のサイズをお選びください。


ユーザーコメント
コメントを投稿
コメント 
画像認証  CAPTCHA image
画像に埋め込まれているアルファベットを入力してください。
(画像が見にくい場合、画像をクリックすると画像が変更されます)
 
IDを持っている方はログインしてからコメントしましょう。


Facebookページもフォロー!