1/72 X-WING STARFIGHTER

a.modelings  a.modelings
2017-8-13 1:10:53 ホーム  > MGブログポータル

ニューガンダムを放置して作り始めたX-WING STARFIGHTER
発売当時購入して仮組で積んでたものですが、ウェザリングをしたくなり塗装を始めました。
キットはシンプルですが、細かなモールドはさすがバンダイといったところです。
パーツは色分けされているのでストレート組でもある程度見れますが、ここはスミ入れ、ウェザリングをすることでスターウォーズの世界観により近付けると思います。素組にデカールを貼りつや消しを吹いた後にウェザリングすれば、それほど手間をかけずにクオリティの高い作品に仕上がるかとも思いますし。

ただ今回はマスキングでパネルを塗り分け全塗装の後に、ウェザリングを入れました。
1、基本塗装の後つや消しで一度閉じタミヤスミ入れ塗料でスミ入れ。ふき取り時にスミが滲むので、それもテクスチャとして使います。
2、その後タミヤエナメル、フラットブラウンとフラットブラックを混ぜたものでウォッシング。塗料はあまり濃くせず薄くのせて綿棒、キムワイプ等でふき取り方向を意識しつつ塗料を落とします。
3、ラッカー塗料でドライブラシ。エナメルでもいいんですが発色と微妙なコントロールを付けやすいので今回はラッカー塗料を使いました。機体色と同じ色とそれにホワイトを足したもので凸モールドを意識してドライブラシします。
4、スポンジでスタンプしてチッピング。ここはタミヤエナメルのフラットホワイトとジャーマングレイの2色で行いました。様子を見ながら失敗したらふき取りつつ進めます。
5、クリアブラックでシャドウ吹き。今回基本塗装はベタ塗りなので、パネルラインに沿ってシャドウを細吹で入れました。コクピット下の発射口やエンジンなどにも意識的にのせてます。
6、パステルの粉末でスス汚れっぽいものを入れます。上記発射口とエンジン回りをメインに。
7、最後につや消しでコート&つや調整

工程はこんな感じですが、ここまで重ねることはめったにしない(ウェザリングをそもそもあまり入れない)のでストレス解消に役立ちました(笑
素人塗装ですが元キットの出来がいいのでなかなかいい感じに仕上がったかなぁと思います。

スターウオーズシリーズは塗装で遊べるので、気分転換にいいかもですね。
機会があればまた作ってみたいと思います。





ご覧いただきありがとうございました。

Facebookページもフォロー!