“セラP” 組み立て編2

ゲーテル。のリアルフィギュア造形日記  ゲーテル。のリアルフィギュア造形日記
2017-8-13 9:31:34 ホーム  > MGブログポータル


ゲーテル。作例は今回も、2体同時製作をしていきます。

これは『No.5』の受注製作の時に、はじめて複数同時作業というのをやってみて、、
…懸念していた「質が落ちるのでは?」という心配とは逆に?!

作業:時間がパラレルに働き?!

その複数製作したあとに辿り着くであろう所のレベル/段階に、
現時点で到達することができることがわかり、、
気に入っている手法です。



もちろん経済的には、比例数かかりますし(/--)/

例えもしお金をかけても、パラレル効果実現のためには、
相応の精神力の裏打ちも必要なのでww、

まあ、
あまり現実的ではないかもしれませんが ( ̄▽ ̄;);


DSC_1436 DSC_1437



それでは透明パーツの加工から、はじめていきます。


…シースルーの上着の前後をつなぐ、脇のパーツですが、
これは複製のために、肉厚に造形していますので、

脇パーツの上下を、リューターで慎重に、
薄々加工をします。
(脇パーツ上下のふちを、薄くすること)

そして▲画像にある左脇の接合部は、
背面側の上着がアールを描いている所につながりますので、
脇パーツの表側を、リューターで、アールに沿った形に削ります。


DSC_1440 DSC_1441

また同じく左側の脇パーツの根元は、肉厚が上着前側に及んでおり、
→表から見ると、ヒビが入っているように見えていますww

そこで裏側から、脇パーツ根元と上着前側にある段差を、リューターで少し均してやり、
削りにより白濁したところは、プライマーを塗っておくと、目立たなくなります。
(画像の筆先は表側から指していますが、作業は裏側のお話です)



そして透明パーツのふちを、ペーパーがけできれいにしたら、




塗装に備えて、上着の下辺にプライマーを筆塗りしておきます。

Facebookページもフォロー!