ガンプラ HGUC ジム製作(バックパックと武装類の製作編)

素組製作 ガンブロダー 〜ガンプラで創りしGの伝説〜  素組製作 ガンブロダー 〜ガンプラで創りしGの伝説〜
2019-1-11 17:39:03 ホーム  > MGブログポータル
前回行った腕部の製作を振り返る
 


今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGUC ジムの 腕部の製作 を行いました。

腕部の 前腕部の側面には両方に穴が設けられていて 、シールドを接続することができます。

腕部のヒジ関節もポリキャップになっていますが、 ポリキャップがむき出しにならないように専用の関節パーツを被せる仕様 になっていました。脚部と同じような感じですね。

合わせ目が前腕部と肩部に発生 するので、タミヤセメントを使って合わせ目消しをしたことと、肩部アーマーの目立つパーティングラインをヤスリ等で削って慣らしました。

という訳で今回は、HGUC ジムのバックパックと武装類を一緒に製作していきます!(^O^)



バックパックと武装類の製作に使用するランナーの確認



IMG_8624

まず、多色成型のパーツで構成されているAランナーでは、ビーム・スプレーガンとシールドの持ち手と、バックパックのバーニアにグレーのパーツを使用して、シールドは赤と黄色のパーツを使用します。

IMG_8625

次に、白いパーツで成形されているBランナーでは、バックパック本体とビーム・サーベル、シールドの白いパーツを使用します。

IMG_8626

最後に、HGUC ジムの武装類には、PC-123ランナーを使用します。

これで、バックパックと武装類の製作に使用するランナーは以上なので、次から製作に入っていきます!(^O^)



バックパックと武装類の製作開始



IMG_8627

まずは、HGUC ジムのバックパックと武装類のパーツを全て切り出してみました。

ジム自体、武装の数も多くないことから、キットのパーツ数もそれ程多くないですね。

IMG_8628

まず、HGUC ジムのバックパックのパーツを組んでみましたが、バックパック本体のパーツにバーニアのパーツを2つ付けるだけで、バックパックが完成します。

バーニアのパーツをバックパック本体に差し込むと、可動か分かりませんが多少グラつきます。

自分は気になったので、バーニア部分は接着しました(^_^)

IMG_8629
IMG_8630

HGUC ジムのバックパックを色んな方向からも見てみましたが、接続面はダボ穴がむき出しになっていて、直接本体に接続する仕様ですね。

まぁ、接続面は完全に見えなくなる部分なので、気にすることはないでしょう。

気になる人は、この部分もパテ埋めしたりするのかな(^_^)

IMG_8631

次に、HGUC ジムのシールドのパーツを組んでみましたが、表面は白、赤、黄色と、全てパーツの成形色で再現されています(^_^)

IMG_8632

次に、シールドを裏から見てみました。

ディテールは細かく再現されていますが、ジムのシールドの裏は大半がグレーなんですね。

HGUC ジムを部分塗装するなら、塗装面積が一番広い部分です(^_^;)

IMG_8633
IMG_8634

HGUC ジムのシールドはグリップ部分で持たせることもできますが、前腕部の穴に装備することもできます。

前腕部に差し込んで装備する場合、接続パーツがボールジョイントになっているので、ある程度角度を付けることも可能です(^_^)

IMG_8635

次は、ビーム・スプレーガンのパーツを組んでみました。

トリガーを引いている専用のマニピュレーターが付属 しているのも良いですね(^_^)

IMG_8638

自分が思うHGUC ジムの魅力の1つに、ビーム・スプレーガンで目立つ上部の合わせ目が、 段落ちモールドとして再現 されていることです(^O^)

この部分は、絶対合わせ目が目立つだろうなと思っていたので、意外でした(^_^)

HGスケールでは、割と最近のキットでも合わせ目が出るキットもありますからね。

IMG_8639

最後にビーム・サーベルですが、見ての通り ビーム刃と柄の部分が一体成型になっていて、全体が白いパーツ になっています。

キットが完成した時に白いビーム・サーベルを持たせた時のことを考えると...できれば塗装したい部分ですね(^_^;)

この時代のキットには、柄と一体成型のビーム・サーベルが割とあるみたいですね。

IMG_8640

ビーム・サーベルの柄だけのパーツは、バックパックにマウント専用のパーツですね。

IMG_8641

これで、HGUC ジムのバックパックと武装類の製作は完了しましたが、ランナー類も全て終了しました。

唯一、ポリキャップのPC-123ランナーが余りましたが、予備や改造なんかに使えるかもしれないので、取っておくのも良いかと思います(^_^)

という訳で次回は、HGUC ジム全体の製作が終了したので、部分的に必要な塗装などを行って、キットの完成レビューに入る予定です!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作記事を他にも見る


ガンプラ HGUC 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム) 色分け済みプラモデル

新品価格
¥560 から
(2019/1/11 17:36時点)

Facebookページもフォロー!