• 基本情報
  • プロフィール
  • ともだち
  • コミュニティ
プロフィール
 
アバター hashi
ユーザ名 hashi
ニックネーム はっしー
ランク  四ツ星 (投稿数:173)
ホームページ http://www006.upp.so-net.ne.jp/hashi/
職業 通信事業者のSE
hashiさんのコミュニティリスト
プラモ離れについて話し合う会 (52)
全てを見る (1)
はっしー hashiさん(はっしー)
2019-01-21 23:03:16
ユーマ・ライトニング専用機である高機動型ゲルググに量産型ゲルググのパーツ(頭部や脚部等)を拝借して、量産型の高機動型ゲルググにしてみました。一部にクリアパーツを使っているので、内部構造を細かく塗り分けています。前回のシナンジュからというもの、クリア部分の内部構造を塗り分けるというのが自分のトレンドになりつつあります。
130Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2019-01-05 23:42:23
お台場Gundam Base Tokyoのイベント商品としてゲットした「メカニカルクリア」のMGシナンジュです。以前にもMG Gundam ver.3で半透明の作品を製作しましたが、これは完全に透明なキットです。これも右半分だけクリアにして、今回は内部構造物をほぼ完璧に塗り分けたつもりです。お陰様でメタリック系のエナメル塗料は全色揃いました(笑)。特徴である金縁は全てエナメルの手塗りです。外装は珍しく半艶にしてみましたが、かえって深みのある赤になったのは成功でした。かなりの自信作でしたが、GBWCは予選落
104Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2018-08-30 23:59:55
リック・ディアスはその名の通り宇宙用ですが、地上用をイメージして「陸」ディアスとしてみました(笑)。大きな改造はないですが、陸戦型らしく各所に増加装甲&バーニアを増設、スジ彫りを施しました。カメラアイは市販のLEDを内蔵して点灯させることが出来ます。塗装はダークイエローをベースにダークブラウンとのツートンとしました。ウォッシングによる使い古された感じと、細かな傷や雨垂れを筆書きで入れています。陸上で戦ってきたという雰囲気が出てますでしょうか。
121Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2018-07-17 00:52:56
MG/GUNDAM(ver.3)をベースに、Full Armor GUNDAM(ver.2)の増加装甲パーツを拝借してニコイチで製作してみました。後者はもちろんver.2ガンダムをベースとしているので、ver.3に上手く勘合するのか若干心配でしたが、やってみると殆どのパーツでほぼピッタリでした。一部、脚部とバックパックで大きく切断する必要がありましたが、そこは新兵器「超音波カッター(ZO-41)」が大活躍してくれました(笑)。ちなみに、足の甲の装甲はポージングの邪魔になるので思いきって割愛しました。それで
121Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2017-12-11 00:17:52
最近、市販されているキットではなく、通販限定のPremium BANDAIで購入することが多くなってきました。若干お高めなのですが、今回のようなニッチな機体を作ることが出来ます。このヘイズル、ベースはMark.IIのフレームを使っていますが、外装パーツのほとんどが新規金型であり、全く新キットと言ってもイイかもしれません。ただ、その外装がノッペリしているので、情報量を増すならスジ彫りと別売パーツは必須です。配色の基本は白ですが、アクセントの青は明るめにしてみました。それにしても、お尻のTITANSマークがオ
83Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2017-10-29 01:04:47
ガンプラの聖地と言われるお台場ガンダムベースで、限定版ver.3.0ガンダム[クリアバージョン]をゲットしたので、半透明ガンダムを作ってみました。この「半透明」には、仝機垢離僉璽弔完全クリアではなく半透明であったことと、完成時に右半分が透明になるように塗装してみたこと、の2通りの意味があります。但し、クリア部分についてはスジ彫り直しの上から墨入れ&トップコートだけ吹いてます。「よーく見ると半分透けてんじゃん」を狙ってみましたが、セクシーでしょうか。笑
101Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2017-10-01 18:16:58
以前、HGUC版の先行量産型グフ(YMS-07B-0)を製作しましたが、今回はMG(プレバン)の初期型グフです。こちらは、YMS-07Aとなってますので、YMS-07B-0よりも最初期の試作機ということになるかと思います。ですので、色はダークイエローをベースにした配色になっております。基本的にグフは陸戦仕様ですので、傷などの汚れを多めに入れています。なお、もともとグフver2.0をベースにしたキットであり「のっぺり」した感じがありますので、バックパックの改修(スラスター追加等)と、RGグフを参考に各所にス
112Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2017-04-17 00:37:46
プレバンのジム2です。このキット、ジムver.2をベースとしているのですが、ジム2にするための追加パーツのおかげで、鬼のようにパーツが余りました。若干エコじゃないですが、逆に言えば贅沢なキットですわ(プレバン全般的に言えますが)。外観はジムと余り変わりません。間違い探し程度の違いです。カラーリングは設定通りおめでたい紅白としました。グラデとエッジの処理はいつも通りです。例によって各所にスジ彫りを入れてます。最近、ちょっと進化して、スジ幅を幾つか分けて掘るようにしてます。彫り師でも目指そうかな。(笑)
94Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2016-12-10 19:04:10
これほど特徴的な形をしたMSが他にあるでしょうか。実用的云々は別にして、気になる水陸両用MSであることは間違いありません。ただ、HGUCなこともあって、非常に手間のかかるキットでした。全てが前後対象形であるため、全てのパーツが"両面貼合せ式"であり、その繋ぎ目消しに忙殺されることになります。各所にスジ彫りも入れてみましたが、これも2倍の作業が必要で、正直しんどかったです。今さらながら、MGの有り難さを感じざるを得ませんでした。塗装はグラデ&水垢汚しをメインに仕上げてみました。
98Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2016-09-24 16:25:19
RE/イフリート改です。MGと同じ1/100スケールですが、内部フレームはかなりの部分が省略化されており、コストダウンを図ったシリーズかと思います。ただ、関節などはMGシリーズと遜色なく、「どうせ見えないなら」と割り切れるキットかと思います。残念なのは両手の指が稼働せず、一昔前の二分割仕様になっているくらいでしょうか。改造点はモノアイをHアイズに換装したのみです。陸戦型に相応しく三色迷彩塗装としてみましたが、雰囲気出てますでしょうか。
129Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2016-09-03 00:19:35
カトキ版νガンダムに挑戦してみました。作り始めると、プロポーションからディテールそして発動モードのギミックまでキットの出来が申し分なく、あえて無改造(素組み)で製作することにしました。ただ、激しい戦闘を繰り返した3年後の機体〜AFTER〜を想定し、機体の退色表現や油漏れ、装甲には弾痕の凹みやスペースデブリ(宇宙ゴミ)による無数の傷を書き込んだりと、塗装にかなり力を入れました。やはりMSはロールアウト直後のピカピカ状態より、使い込まれた燻し銀状態がカッコイイのではないでしょうか!
125Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2016-05-15 00:58:25
初のHGUCに挑戦です。RGもそうでしたが、このキットも内部フレームありきの構造なので、組立は難しくありませんでした。ただ、モノアイが「シールかよ?」ではさすがに戴けずw、Hアイズを埋め込んでみました。逆に、それ以外は大きな改造やスジ彫りが無くても格好良く仕上がると思います。目立ちませんが、左右の脇胸が若干可動するのはチョット感動しました。グフといえば青ですが、ちょっとビビッド系の青を使ってみましたがいかがでしょうか。
140Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2016-04-08 01:19:38
1年戦争をジムと共に勝利に導いた影の主役、ボールです。ある意味、最もリアリティが高い兵器ではないでしょうか。以前から、白いカトキ版パッケージは気になってましたが、これほど素晴らしいキットだとは思いませんでした。内部機構のディテールと、それらを包含する格子状の内部フレーム構造、そしてジグソーパズルのような外部装甲板。組み立てていてホントに面白かったです。当然、その内部機構を見せないのは非常に勿体ないワケで、「チョットだけよ」のチラリズム方式を採用しましたw。
141Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2016-01-11 01:17:28
試作型(プロトタイプ)ガンダムを、ver.3.0をベースに通販限定プロトタイプ・ガンダムver.2.0の部品を一部拝借して(ニコイチで)製作しました。主な改造点は、々部右のビームライフル用ラチェット、▲好螢奪班佞足首カバー、g宿形状変更、の章喇部の形状変更です。カラーリングは黒/赤/白を基調にしていますが、黒部は黒とネイビーブルーで塗り分けております。今回初めてスラスター部にガイアノーツ社のメタリックカラーを使ってみました。クリアオレンジ&ブルーを少し乗せることで金属の焼き付きを表現してみました。
157Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2015-11-09 00:44:29
Zガンダムに登場する百式です。百式という名前からしてインパクトがありますが、何と言っても特徴的なのはゴールドの塗装ではないでしょうか。耐ビーム性能があるとのことですが、今回はあえて元々の金ぴかメッキを漂白剤で剥がし、渋めのゴールド(金+銀+白)とし、更に使い古した感を狙ってみました。
119Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2015-09-29 00:11:38
「逆襲のシャア」に登場するMSです。量産型MSらしく、グリーンのツートンカラーです。ザクを連想させる動力パイプはジオン系MSのアクセントになるワケですが、材質がゴムなのか塗料のノリが悪いのには苦労させられました。非改造ですが、各所にスジ彫りを入れております。モノアイは別売りのLEDで発光可能ですが、雰囲気出てますでしょうか。
127Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2015-09-23 01:54:03
ジャブローでシャアの赤いズゴックがジムを串刺しにするシーンは今でも強烈に脳裏に焼き付いていますが、ジムをガンダムに替えてシャアの妄想という形で表現してみました。両機にRGを使用したため可動域も大きく串刺しのポーズは難しくありませんでしたが、えぐられたガンダムの腹部は内部構造物を詰め込み、若干の「グロさ」を演出してみました。カラーリングは地上戦でのリアリティを追求し、グラデーション塗装、各種ウェザリングを施しています。ビームライフルから放たれたビームが悲しく空を貫きますが、実は付属のビームサーベルを流用して
177Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2015-04-13 00:06:08
最近、プレミアム・バンダイなるサイトからやたらとDMが届くのですが、その中で一つ気になるアイテムがあったので購入してみました。ガルマ専用ザク、記憶にあったような無かったようなMSです。よくよく思い出してみましたが、やはりTVには出てきていないし、小説か何かでしょうか。それはさておき、今回冬眠のリハビリも兼ねて、ほぼノーマルで製作してみました。拘ってみたのはカラーリングで、陸戦MSらしく、少々色褪せ感を出してみたつもりですが、いかがでしょうか。
152Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2014-11-28 00:55:35
久しぶりに三色迷彩がやりたいがためだけに、このMSを選びましたw。やはり、陸戦MSには迷彩が似合いますな。迷彩パターンは、ドイツ軍4号戦車H型からイメージしてます。ただ、フラットクリア吹きつけ時に不純色が混ざったのか、若干明度が下がってしまったのは反省点です。各所にスジ彫りを入れてますが、改造箇所はありません。ロングレンジ・ビームライフルを構えさせた姿は、狙撃手っぽくてイイ感じです(萌えー)。
170Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2014-10-11 03:06:29
GBWC2014二次審査の結果待ちという微妙な時間を利用してw、サクっと作ってみました。ホントにサクっと作ったので、若干スジ彫りを入れただけで、あとはザ・ノーマル(日本語で素組w)です!。ただ、ケンプファーの特徴でもある機体色の青は、彩度を上げて、"くすんだ色"にならないように注意しました。それにしても、このケンプファー、腿の後ろにスラスターのおっきなノズルが有るせいで、屈伸できないじゃなイカ!(笑)
154Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2014-09-28 23:36:41
本来、シャア専用であるサザビーをベースとして、量産型をイメージして製作しました。ニュータイプ研究所出身の強化人間であるギュネイ・ガス搭乗機という設定です。量産型を意識した改造として、‘部トサカを排除して後部TVカメラに変更、▲蹈鵐哀薀ぅ侫襪よびプロペラントタンクの短尺化、シールドの形状変更、さ‖凌Г諒儿后△鮃圓辰討い泙后その他、各所にスジ彫りを追加し、姿勢制御バーニアおよび排気ダクトを複数追加してディテールアップを図りました。塗装は3段階グラデーションを基本に、フィルタリング&各種ウェザリングを施
243Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2014-03-30 17:14:13
とうとう「SEEDな領域(?)」にまで足を踏み入れてしまいました(笑)。何を隠そう、昨年「全日本ホビーショー」のガンプライベントで優勝 http://www.gundam.info/topic/9588 した際にもらった景品なんです。そうでもなければ、40代のファースト世代な人間は絶対作りません! とは言いつつも、実際イヤイヤ(笑)作ってみると、その完成度の高さに驚かされます。「手を入れるところがヌワイではないか!」。各装甲表面の情報量とイイ、格好良すぎるシルエットとイイ、若干スジ彫りを施したものの、ほぼ
142Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2013-11-11 01:12:06
黒い三連星のザクです。そろそろ冬眠に入るので(笑)、先日の連休を利用して4日間ほどでサクッと作りました。元もと脚部とか背中とかの情報量は多いので、今回スジ彫りはオミットしてます(決して面倒くさいからではありませんw)。ただ、塗装に関してはいつも通り(?)の工程を踏んでおります。そんな中で今回新たなチャレンジは、最後のマットクリア塗装。いつもは、手軽な缶スプレーを使ってましたが、やはり目が粗いのと、ときどき白く濁ることもあって、悩みの種でした。そこで今回は、グンゼのクリア塗装専用のラッカー系塗料を使って、エ
160Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2013-10-14 23:10:49
待望のver.3.0です。しかし、そのパーツ数と色分けに予想以上に苦労させられました。今思えば、ランナー塗装法の方が楽だったかも知れません。それにしても良く動きますね。このままロボット工学に生かせるのではないでしょうか。今回驚いたことが2つ。まずは指の一体成形技術。始めから全関節が動くよう成形されています。昔、プラ棒で指関節を作っていた頃が懐かしいです(笑)。もう一つはデカール。水を使わないシールタイプだったので、仕上がりを考慮して使わないはずだったのですが、試しに貼ってみたところ、その仕上がりにビックリ
153Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2013-08-26 22:30:51
1年戦争物を中心に作ってきましたが、そろそろネタ切れかと思いきや、コレがあるじゃないですか、コレが(笑)。戦力外通告的なMS、旧ザクです。もう、名前に「旧」なんて付いているところで、悲壮感すら感じますね(笑)。さて、今回は初めてニコイチ的な改造をやってみました。MS-06J(ver.2.0)をベースに、MS-05Bのパーツを所々に拝借しつつ、さらにスジ彫りを施して、MS-05B(ver.2.0)+RG風としてみました。改造はコクピット周りの嵌め込みに少々苦労しましたが、ほかはそれほどムズくありませんでした
195Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2013-05-05 01:48:37
およそ半年ぶりの更新になっていまいました。ドムは一年戦争の中でも最も好きなMSの一つなのですが、これまで作らなかったのにはワケがありました。ver2.0が出るのを待っておりました。しかし、一向に出る気配がないので、しびれを切らして(笑)製作するに至ったわけですが、ver2.0が出ない訳が分かりました。このキットの完成度が高すぎるんです。原画に忠実なフォルム、どっしりとした末広がりな安定感、肩が前後に稼働しない、足首が稼働しない、などの不満点もありますが、そんなことは無に帰すほどの重MSと呼べるにふさわしい
167Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2012-10-12 00:10:20
記念すべき20作品目は、中坊だった吾輩が最初に惚れたMS、シャア専用ズゴックとなりました。あのジャブローでの「ジムの串刺し(居酒屋メニューではないw)」は強烈な印象として脳裏に焼き付いていて、時々、憎たらしいヤツを同じ目に遭わせたいという欲求にも駆られるほどです。さて、本題ですw。以前、量産型を製作しましたが、その時と同様にほぼストレート組みで、手を加えたのはHアイズのモノアイ換装と爪を短くしたくらいでしょうか。前回と違うのはスジ彫りを加えたくらいです。塗装は、ジャブローの激戦をイメージして少々「使い古し
187Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2012-07-26 22:20:27
元(?)AFVモデラーとして、このキットは避けて通るわけには参りません(ガンタンク以来のセリフw)。ましてや、1/35と聞いて触手が動かないワケがありません。そのキットの中身たるや、1/35とは思えないサイズとボリューム、そして精度の高いモールドと組み立てやすさ、おまけにエッチングパーツまで付属するという充実ぶり、なんて分かっているんでしょう、バンダイさん!(褒めすぎ)。惜しむらくは、履帯が分割式であれば満点でした(しかし、ゴム製でも良くできてました)。塗装色はダークイエローとフラットアースの混色をベース
228Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2012-06-30 00:53:56
今が旬(?)なキット、マラサイです。HGUCでも評判が高かったマラサイですが、このMGでもご覧の通り、プロポーションは抜群です。特に手を加えるところはなさそうですが、例によって各所のスジ彫りと、バックパックのディテールアップ(小型ノズルと排気ダクトの追加)を行いました。で、今回このキットの目玉はやはりLED発光モノアイでしょうか。グリーンに光るモノアイが、なかなか妖しげでGoodです。マニピュレータは選択式なので、撮影は少々しんどかったです。カラーリングはマラサイ的なオレンジを強めにしつつも、派手さは抑え
165Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2012-06-07 00:16:21
賛否両論あるキット、ガンダムver.2.0、折角なのでG-3ガンダムを作ってみました。可動域も多く、キットとしては悪くないのですが、当方はどちらかというと「否」です。アニメに忠実とは言え、ファンはリアリティを求めているはずで、そういう意味では、ver1.5とかRGのクオリティを期待していると思われるからです。とは言え、作る方からしてみれば、それだけ「やり甲斐」があるわけで、今回も「五月蠅すぎない程度」にディテールアップしてます。特にバックパックは余りにも貧相なので、プラ板や市販のスラスター部品などで情報量
161Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2012-05-11 00:41:25
再びゲルググです。今回は赤いヤツ、シャア専用を作ってみました。このキット、ほかのver.2.0と違って、ある程度のスジ彫りが施されていますが、今回もウルサくならない程度にスジ彫りを加えております(どこに入れたか分かりますか?^^)。また、前回の量産型ゲルググ同様に肩の位置を若干下げる改造を行っています。前作のMK-IIもそうですが、バンダイさんて肩を上げたデザインがお好きなんですかね。まあ、昔はドムを「怒り肩」にして遊んでましたが(笑)。塗装は、3段階グラデーション+ウェザリング+ウォッシング+パステリン
206Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2012-04-03 19:07:06
冬眠期間終了です(笑)。久しぶりの更新は、なんと(?)1年戦争物ではありません。Zガンダムに登場するMK-兇鮑遒辰討澆泙靴拭実は、Zガンダムまではリアルタイムで見ていた世代なんですよね〜(遠い目)。逆にそれ以降は全く分かりません(笑)。それはともかくとして、このキット、さすがver.2.0だけあって良くできています。しゃがみポーズも楽に出来ちゃうほどの可動域があります。惜しむらくは、褄先も可動させて欲しかったですね。あと、肩アーマーの位置が異様に高いところにあるので、少々下げました。これくらいの方がバラ
153Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2011-12-30 03:18:10
MG/ザクR2に引き続き、MG/ジムをRG風にしてみました。と言っても、見よう見まねでスジ彫りしただけですが ^_^;。それもよりも、ジムのカラーリングって、あの淡いブルーがどうも安っぽくて(量産型なので辻褄は合いますがw)好きになれなかったので、完全にホワイトにしてみました。その方がバズーカとかシールドに合うし、しっくり来ます。それにしても作っていて思うのが、ジムってホントに華奢ですね〜。ザクでさえ、もうちょっと肉付きがあるし、ゲルググなんかと比べたら大人と子供くらいの差があるのではないでしょうか。まあ
179Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2011-11-23 00:37:37
久しぶりにザクを作りたくなりました。今回は、最後期の高機動型ザクと呼ばれるR2です。スマートなスラスターカバーの下から剥き出しのスラスターノズルが見え隠れするのが、なかなかカッコイイですね。これなら3倍の速度が出そうです。さて、製作ですが、特に今回も改造はしていません。モノアイをHアイズ製に換えたくらいです。ただ、例によって各所にスジ彫りを入れてます。スジ彫りパターンはRGを参考にしました。スラスターのカバー周りは自己流のパターンですが、いかがでしょうか。
163Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2011-10-16 23:58:38
またまた水陸両用型です。すっかり「ガンプラ水泳部」の様相ですが(笑)、水際のウェザリングが好きなのでご容赦下さい。これもver.2.0以前のキットですが、フォルムが非常に原作に忠実で、好感が持てます。ただ、水陸両用型とは言え、お尻の部分などあまりにも"のっぺり"しすぎているため、最小限のスジ彫りは施しました。とは言っても、やはり闇雲に罫描くのではなく、「もっともらしく」を念頭に白々しくならないように注意しました。特に顔から頭頂部にかけての「丸〜矢印ライン」は自分でも気に入っております。あと、「水アカ」と「
181Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2011-09-24 02:37:42
再び水陸両用型です。ズゴックというと"赤いやつ"をイメージしてしまいますが、私はやはりこの量産型が好きですね。このキット、ver.2.0以前のものですが、非常にプロポーションが良く、原作のイメージを良く再現できていると思います。あえて難点を挙げれば、足先が可動しないことくらいでしょうか。今回、モノアイに初めて市販のパーツを使ってみましたが、取り付け箇所が狭くて固定するのにずいぶん苦労しました。あと、原作イメージに比べて爪が長すぎるので、少し根元をカットして短くしてみました。塗装は例によってアクリルとラッカ
172Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2011-08-16 22:35:53
1/100ですがMGではありません。B-CLUBのフルレジンキット(定価29,800円!)でございます。このキット、当然MGが発売される前のものですが、モノアイや集束バーニア部分など可動する部分も多く、良くできています。やはり、ジオングは「脚無し」が格好イイですね。「脚付き」なんてドムの脚を無理矢理くっつけた邪道に過ぎません。エライ人にはそれがワカランのですよ(笑)。今回、特に改造は行っておりません。ご覧の通り、このキットのパフォーマンスで十分な迫力を感じて頂けると思います。塗装はレジン用サフの上に、アク
175Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2011-06-05 23:19:24
ふたたびグフです。基本的に好きなんですね、この機体が。でも、今回はカスタム版です。日本的にいうと「グフ改」といったところでしょうか。武装がハンパないです。何でしょうか、この「これでもか」と言わんばかりの武装は。ちょっと近づきたくない雰囲気です。さて、今回、初めてレジンキットを使ってみました。AFV作ってた頃は、ある意味当たり前のように使ってましたが、ガンプラでも普通に存在するんですね。インジェクションがあっても「あえてレジンを選ぶ」ところは、昔とちっとも変わってません(変態w)。ただ、やはりレジンは正直「
23Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2011-03-26 22:55:18
しばらくぶりになりますが、水陸両用型を作ってみました。解説書には「より量産が容易な」とありますが、パーツの数といい大きさといい、重MSではないかと思わせるキット内容でした。今回、初めて「スジ彫り」に挑戦してみました。BMCのタガネ(0.15mm)と堅めの細ビニールテープをガイドとして使ったのですが、「けがく」ことよりも、その前処理としての「ライン決め」が難しいですね。いかに「もっともらしい」線を描けるか、これに全てがかかっているように思いました。ちなみに下書きは、鉛筆でラフ書き程度に描いたあとペラペラ定規
258Pt
投票
はっしー hashiさん(はっしー)
2010-11-24 00:52:25
個人的にはゲルググより好きかもしれません、名脇役MSギャンです。ver.2.0以前のキットですが、褄先まで可動するなど、なかなか侮れないキットです。写真撮影でも、いろいろなポージングで楽しませて頂きました。今回は特に改造はしておりません。基本的に陸戦タイプだと思いますので、姿勢制御バーニアも付けませんでした(手抜き?w)。ただ、今回、塗装には力を入れております。テキサスをイメージした砂埃の付着や、エッジ部の塗装ハゲ表現を細かく入れてみました。なにせ、戦車なんかで良くある1/35と違って1/100スケールで
201Pt
投票
ブックマーク(0)
  • お知らせ
  • アクセス
Facebookページもフォロー!