• 基本情報
  • プロフィール
  • ともだち
  • コミュニティ
プロフィール
アバター tomoshoo
ユーザ名 tomoshoo
ランク  二つ星 (投稿数:53)
ホームページ http://nodokalife.com/
趣味 ミニプラ
一言自己紹介  主に戦隊物のミニプラを製作しています。色々分からないこともあると思いますが宜しくお願いします。
twitterやってます!
https://twitter.com/tomoshoo1
tomoshooさん
2017-03-01 00:44:16
動物戦隊ジュウオウジャーより、13体のジュウオウキューブが動物大合体したロボ"ワイルドトウサイキング"を制作しました。今回追加で制作したのはキューブクマとキューブコウモリ、および合体用のビッグキングソードです。 主な改修箇所としては、後ハメ加工、合わせ目消しや肉抜き穴埋めなどの肉抜き穴埋めなどの基本工作に加え、ビッグキングソードの裏側はパーツの複製による精度の高い円柱形の肉抜き処理を行っています。 ボリュームがすごいことに加え、それぞれのディテールが細かいため全体としての情報量がかなり多いロボになって
97Pt
投票
tomoshooさん
2017-01-06 00:40:07
動物戦隊ジュウオウジャーより、劇場版限定キャラであるコンドルワイルドを制作しました。 ジュウオウワイルドのリデコバージョンであるコンドルワイルドなのですが、わずかな追加パーツで元ネタのキューブゴリラとはまったく違うシルエットに変形します。合体後のプロポーションはジュウオウワイルドと変わらず良好で、敵キャラらしいクールなデザインです。ミニプラ版オリジナルギミックとしてコンドルの頭部を銃のように持たせることができます。 ブログで詳しい改修箇所を紹介しています。 http://nodokalife.com/
88Pt
投票
tomoshooさん
2016-11-12 13:36:14
獣拳戦隊ゲキレンジャーより、劇場版限定キャラであるリンライオン&リンカメレオンを制作しました。 1号ロボであるゲキトージャに強化合体できるゲキビーストで、合体後には胸にライオン、剣の装備と王道の強化合体を実現します。 合体後もゲキトージャの可動を損ねることなく柔軟にポージングが可能です。 デザインも相変わらず曲線的なデザインが独特で非常にカッコよく仕上がっています。 ミニプラ版オリジナルギミックとして、ゲキファイヤーにも合体できるなどプレイバリューの高いキットとなっています。
78Pt
投票
tomoshooさん
2016-10-18 17:55:43
獣拳戦隊ゲキレンジャーより、2号ロボであるゲキファイヤーを制作しました。 300円×3種類で構成されたキットで、全体的に曲線的なデザインによって筋肉質なシルエットを見事に表現したロボです。 可動についてもゲキトージャに引き続き驚異的な可動域を誇ります。食玩でありながら肩の前後機構や股関節の微妙な位置の調整が可能など、可動フィギュアとして見ても素晴らしい出来栄えです。 1号ロボであるゲキトージャに比べ、脚部に白のカラーリングが追加されることで同じような配色でありながら違った印象を見せます。
104Pt
投票
tomoshooさん
2016-09-15 18:38:33
獣拳戦隊ゲキレンジャーより、1号ロボであるゲキトージャを制作しました。 300円×3種類で構成されたキットで、変形・合体ギミックが単純な分可動やポージングへのこだわりがすさまじく、ミニプラシリーズ過去最高レベルの可動域を誇ります。 模様も含めて全体的に曲線的であり、なめらかなシルエットがすごく印象的な独特のデザインを持つ1号ロボです。 主な改修箇所としては、肉抜き穴埋め、頭部の鋭角化および後ハメ加工等です。胸部や脚部のオレンジはキャンディ塗装で表現してみました。 他の写真、可動域に
109Pt
投票
tomoshooさん
2016-09-04 19:00:54
動物戦隊ジュウオウジャーより、3号ロボであるトウサイジュウオーを制作しました。 本シリーズ相変わらずのディテールの細かさに加え、ギミックの完全再現、脚部となったときの分割を実現しているなど、開発者の徹底したこだわりが感じられるキットでした。 主な改修箇所としては、頭部・肘関節の追加、肉抜き穴埋め+ディテール再現等です。色合いについても劇中の質感を再現するために工夫を凝らしています。 他の写真や詳しい改修箇所については、ブログにて紹介していますので是非ご覧下さい! http://nodo
124Pt
投票
tomoshooさん
2016-08-25 23:34:57
爆竜戦隊アバレンジャーより、1号ロボであるアバレンオーを作成しました。 13年前に発売されたミニプラであり、無改修だと色々と突っ込みどころの多すぎるキットでしたので、ほぼ全てのパーツに徹底改修を施し、変形・合体ギミックを残しながらプロポーション改善・可動域拡大・劇中のディテールを再現し、史上最高のアバレンオーを目指しました。 他の写真や、詳しい改修箇所については、ブログにて紹介していますので、興味のあるかたは是非ご覧下さい! http://nodokalife.com/
202Pt
投票
tomoshooさん
2016-07-29 20:07:15
トッキュウジャーシリーズ劇場版限定ロボである、サファリガオーを制作しました。 主な改修箇所は、頭部のBJ化、肉抜き穴埋め、シッポレードの裏側のディテール追加、刻印消し・ディテール追加等です。 トッキュウオーのマイナーチェンジ版という位置付けのロボなのですが、追加パーツのおかげでライオンモードに変形できるようになっています。 ホワイトを基調としたカラーリングで、他の戦隊ロボとは一味違う印象を受けました。 可動域・プロポーション共に申し分のない、素晴らしいキットでした。 無改修版との比較や、詳し
104Pt
投票
tomoshooさん
2016-06-15 00:28:48
ジュウオウジャーより、2号ロボであるジュウオウワイルドを制作しました。 主な改修箇所としては、全身の肉抜き穴埋め、製造番号の削除とディテール再現、キューブタイガーのナンバリングモールド再現、ゴリラ側面のディテール再現、ワイルドキャノンの軸可動化、エレファントの内側のディテール追加等です。 前回のジュウオウキングに続き、DX版からは考えられないほどのパーツ分割や可動域の確保を実現しています。ディテールも細かく再現されており、プレイバリューの高いキットであると感じました。 無改修版との比較、詳しい改
131Pt
投票
tomoshooさん
2016-04-27 01:05:21
ジュウオウジャーより、1号ロボのジュウオウキングを制作しました。 主な改修箇所としては肉抜き穴埋め、手首の回転軸追加、キングソードの延長+鋭角化等です。 以前のミニプラからは考えられないほどのパーツ分割によってかなり完成度の高い出来となっています。更にギミック・変形をこなしながら十分なプロポーションと可動式を確保しています。 無改修版との比較、詳しい改修箇所はブログに掲載してありますので是非ご覧ください。 http://nodokalife609.blog.fc2.com/
111Pt
投票
tomoshooさん
2015-11-21 23:23:32
ミニプラ・トッキュウオーを制作しました。 このキットはプロポーション・可動・ディテールと優秀でしたので、改修箇所としては首のBJ化、フミキリケンをニコイチすることで裏側のディテールを再現、肉抜き穴埋め程度です。 当初は色々話題になったロボですが、慣れてくるとプロポーションもよくかっこいいなと感じてきました笑 他の写真、詳しい改修箇所はブログに掲載してあります。 http://nodokalife609.blog.fc2.com/
130Pt
投票
tomoshooさん
2014-06-22 00:41:05
 獣電戦隊キョウリュウジャーより、ミニプラプレズオーが完成したので紹介させていただきます。上半身を中心に、徹底的に可動改修を行っています。  主な改修箇所としては、頭部、肩、肘の可動化、肩部分のバーニアの作りこみ、股関節のディティール追加等です。
142Pt
投票
tomoshooさん
2013-12-23 00:48:53
来年度の戦隊物の話題が盛り上がっている昨今ですが、今更ながらミニプラ・プテライデンオーが完成したので紹介させてもらいます。ミニプラ・キョウリュウジンと同様にプロポーション、可動共に前年までのミニプラより劣っていたため、近年のミニプラを目標に製作しました。 頭部の変形ギミックの再現、バイザーの可動化、首・肩・肘・腰・膝・足首の関節を作り直し、磁石接続方式への変更等色んなことを盛り込んだため、製作期間がとても長くなってしまいました。
131Pt
投票
tomoshooさん
2013-09-04 23:10:12
 獣電戦隊キョウリュウジャーより、一号ロボであるキョウリュウジンを制作しました。前年度までのミニプラと方針がガラッと変わり、可動域を抑えた造りになっていたので、近年のミニプラのプロポーション・可動を参考に徹底改修を行っています。  主な改修箇所としては、首・肩・腰・肘・腕・膝関節の追加および作り直し、剣の延長+鋭角化、ドリルの新造、首・腰・腕・太ももの延長によるプロポーション変更、肉抜き穴埋め等です。  元のキットがずんぐりむっくりだった分、スタイリッシュなプロポーションを目指しました。
248Pt
投票
tomoshooさん
2013-03-18 11:29:43
百獣戦隊ガオレンジャーより、最終ロボであるガオイカロスを製作しました。以前製作したガオキング同様、突っ込みどころの多いプロポーションや可動等を徹底改修し、S字立ちや必殺技のポージングを可能にしています。  主な改修箇所としては、肩関節・首の回転軸・肘関節の追加、股関節の新造、ガオマジロの回転ギミックの再現、膝部分の自作デカール等です。  塗装に関しても、ジュラフはキャンディ塗装、ディアスとライノスはパール塗装、マジロはメタリック塗装と、劇中の質感を表現するために使い分けています。  もっとたくさんの
193Pt
投票
tomoshooさん
2012-12-10 11:41:06
11月に発売された、ミニプラ・タテガミライオーを改修・塗装しました。 主な改修箇所としては、股関節部のディティールの再現、内部のクリアランス調整による手首の角度調整、マフラー裏のディティールの再現、頭部の削り込みによる形状出し、肉抜き穴埋め等です。 ついにゴーバスターズのロボも最終ロボとなりました。今回のロボは、単体でもエースを載せることが出来たり、変形ギミックが凝っている上に、合体のバリエーションも多く、とてもプレイバリューの高い物になっていると思います。
157Pt
投票
tomoshooさん
2012-10-12 18:52:59
8月に発売された、ミニプラ・バスターヘラクレスを製作しました。 主な改修箇所としては、バスタービートの頭部の変形ギミックの再現・クレーンの先端部分の接続位置の変更によるスリム化・銃のディティールの徹底再現・お面の接続方法の変更などです。 今回のミニプラも変形・合体バリエーションが多く、プレイバリューの高いものになっています。
151Pt
投票
tomoshooさん
2012-06-13 23:14:08
ミニプラ・ゴーバスターオーを製作しました。 改修箇所としては、肉抜き穴埋めや鋭角化、マスクの接続部分の調整等を行っています。劇中のイメージに近づけるために、キャンディー塗装を施しています。塗り分け箇所も多く塗装は大変でしたが、ギミックが非常に面白く完成度の高いキットでした。
170Pt
投票
tomoshooさん
2011-12-27 16:12:35
 百獣戦隊ガオレンジャーより、一号ロボであるガオキングを製作しました。今回は10年前のミニプラであまりにも突っ込みどころの多いキットでしたので、改修箇所は頭部から脚部まで全身に渡ることになりました。特にガオバイソンに関しては、変形機構をほぼ作り直しています。コンセプトとしては、アニマルモード・タンクモード・ロボモードの3形態への変形合体を可能にしつつ、プロポーション向上および安定したポージングが可能になるような機構を目指しました。塗装に関しても、キャンディー塗装をふんだんに取り入れて高級感を出しつつ重厚感
191Pt
投票
tomoshooさん
2011-11-02 02:02:41
MGダブルオーガンダム・セブンソード/Gを製作しました。今回は色彩に統一感を持たせるために全て調合したオリジナルカラーを使用しています。面が目立つ場所にはスジ彫りを施し、きっと本来の良さを残しつつ、ディティールアップで違いを出せるよう工夫しました。武器は鋭角化はもちろん、先端部分にはパール塗装を施しています。  仕上げとしては、要所要所に3種類のデカールを組み合わせて貼ることで情報量を増やし、つや消しを吹いています。  他とは一味違うダブルオーガンダムを目指しました。どうぞご覧ください。
113Pt
投票
tomoshooさん
2011-10-28 09:36:32
 魔法戦隊マジレンジャーより、マジキングを製作しました。今回は、プロポーションと可動を確保し、分離状態・ドラゴンモード・人型状態全てにおいて、素組みよりもかっこよくなるように徹底的に改修を施しました。  具体的な改修としては、マジキングの頭部のボールジョイント化、手首の交換、武器の形状変更+鋭角化、ひじ関節のフルスクラッチ、足首の後ハメ加工、マジフェニックスの腰に可動軸を追加、肩関節の追加、首の角度調整などを行っています。基本工作として、肉抜き穴埋めや合わせ目消しをほぼ全パーツに行っています。マジキング
140Pt
投票
ブックマーク(0)
  • お知らせ
  • アクセス
Facebookページもフォロー!