• 基本情報
  • プロフィール
  • ともだち
  • コミュニティ
プロフィール
アバター vukovich
ユーザ名 vukovich
ランク  二つ星 (投稿数:49)
ホームページ http://vukovich.web.fc2.com/
vukovichさん
2016-08-30 10:23:24
今回は子供の頃からいくつ作ったか分からないほど馴染みのあるプラモデルの原点RX-78-2ガンダムです。 今回は可動域やギミックディテールまで完成系と言っても過言では無いver.3.0です。 ほとんど改修を必要としないモデルが故に、丁寧な下処理と塗装を心掛けました。 宜しくお願いします。
92Pt
投票
vukovichさん
2015-10-08 02:02:18
引き続きオリジン版三連星高機動型ザクです。 今回のマッシュ機最大の特徴は対艦ライフルASR-78。 今回のライフルもMGとしては商品化されていないことから製図に時間が掛りましたが、ライフル本体はプラバンを使用して積層構造で丁寧に作り込みました。ミリ単位で1/144から形を起こしたのでしたので全体的に違和感ない見栄えになったと思います。
182Pt
投票
vukovichさん
2015-06-24 03:33:12
前回に続きオリジン版三連星高機動型ザクです。 今回のガイア機最大の特徴はバズーカ専用マガジンのラックとしての役割を果たすダブルシールド仕様です。 今回の武器もMGとしては商品化されていないことから時間が掛りました。 マガジン本体はプラバンを使用して積層構造にし、内側の層にネオジム磁石を封入し、両シールドにも同様にネオジム磁石を入れていますので磁石同士より強い磁力で装着できるようにしました。 次回はオリジン版マッシュ機となります。
233Pt
投票
vukovichさん
2015-06-18 15:10:21
今回もまた三連星高機動型ザクですが、ジ・オリジン版として制作しましたので投稿させて頂きます。 パネルライン等多少の変更はあるものの、機体に大きな変更はありませんが、今回のこだわりは何といってもオルテガ特有のジャイアントヒートホークです。 今現在HGも含め商品として世に出回っていないことから意匠に苦労しましたが満足のものに仕上がりました。 本体は精度を上げるために2.0ミリと0.5ミリのプラバンを使用して組木のような積層構造で作成し、シャフト・グリップ・グリップエンド等の円柱・円錐状パーツは旋盤加工し
364Pt
投票
vukovichさん
2015-02-02 20:45:56
MS-07B(ランバ・ラル機)です。 今回はRG風にパネルライン毎に塗り分けてみました。 大きな改修はありませんが、丁寧な下処理と塗装を心掛けました。 宜しくお願いします。
299Pt
投票
vukovichさん
2014-11-28 18:44:39
MSVシリーズの高機動型ザクMS-06R-1A(黒い三連星・マッシュ専用機)です。 先に投稿させて頂いた三連星の続きになります。 一見すると同じモデルばかりの投稿のようになりましたが、それぞれにこだわりを持って作りました。宜しくお願い致します。
330Pt
投票
vukovichさん
2014-11-28 18:44:23
MSVシリーズの高機動型ザクMS-06R-1A(黒い三連星・ガイア専用機)です。 先に投稿させて頂いた三連星の続きになります。 一見すると同じモデルばかりの投稿のようになりましたが、それぞれにこだわりを持って作りました。宜しくお願い致します。
318Pt
投票
vukovichさん
2014-11-22 02:52:45
今回はMSV-Rシリーズで人気の高機動型ザクMS-06R-1A(黒い三連星・オルテガ専用機)です。 MS-06Sを全面再設計した後継機種で22機が初回生産されたという設定になっています。 模型を作る場合も順を追っていくとストーリー性が出て楽しいものです。 今回も作りなれたザクと簡単に考えていましたが、実際に仮組してみると共通部分は多いものの、意外にR型特有のパーツも多く、改修箇所や塗装の順序に気を遣いました。 特徴的なランドセルや下腿をはじめ、胸部、肘、上腿、足等の外装は勿論、フレームまで違う部分
310Pt
投票
vukovichさん
2014-11-22 02:50:00
前回の続きになりますが、MSV-RシリーズのMS-06S(黒い三連星・ガイア専用機)です。 先にアップさせて頂いた2機と合わせてこれで3機揃い踏みとなりました。 次も高機動型ザクの「三連星」なので代わり映えしない投稿が続きますが、多少なりとも工作技術の成長を感じて頂けると幸いです。
326Pt
投票
vukovichさん
2014-09-19 20:04:27
今回はMSV-Rに紹介されているMS-06S(黒い三連星・オルテガ専用機)です。 先にアップさせて頂いたマッシュ機同様、今回は3体同時制作としたため、作業自体は比較的効率よく作ることが出来ましたが、スカート周りを改修した結果ラインデカールのサイズが合わない事が判明。 ラインが黒い三連星バージョンのSザクの最大の特徴でもあるので今回は自作することにしましたが、完成させるまでにはかなりの時間と労力を必要としました。 結果的には苦労した分、制作技術の引き出しも増え、納得のものが完成したと思います。 ザク
425Pt
投票
vukovichさん
2014-09-19 20:02:32
今回はMSV-Rに紹介されているMS-06S(黒い三連星・マッシュ専用機)です。 黒い三連星専用の機体は機体番号等に違いがあるものの、チームカラーであるブルーブラックを基調にライトパープルとホワイトという配色は全て同じ設定です。 しかしながら一体毎に塗装した場合、塗料調合や湿度や気温によって色の個体差が出るのではと考え、今回は3体同時制作としました。 はじめは面倒かと思われた同時制作でしたが、同じ作業の繰り返しとなるため比較的効率よく作ることが出来たと思います。 ザクは何体作っても新しい発見があり
396Pt
投票
vukovichさん
2014-08-06 03:24:53
2作目のシャア専用ザクになります。 今回はRGザクをモチーフに、パネルラインを入れて塗り分けてみました。 前作同様、フロントアーマー・スパイク・ダクトの改修は勿論、細かくディテールアップを施しています。
331Pt
投票
vukovichさん
2014-06-15 13:13:47
今回は登場から四半世紀経っても人気の「MG νガンダム ver.Ka」です。 数多くのモデラーが制作し、今では定番ともいえる改修ですが、 全体のバランス・スタイルを重視して手を加えてみました。 先人たちのアイディアを参考に自分なりの手法を模索し、 失敗や苦労もしましたが、自分の引き出しを増やしてくれた やり甲斐のあるモデルでした。
343Pt
投票
vukovichさん
2014-03-03 20:41:06
今回は誰もが知る赤い彗星のシャア専用機を作ってみました。 大きな意匠変更はありませんが、他のザク同様フロントアーマーの隙間を埋める改修を施しました。その他はお決まりのスパイクやダクトの改修、筋彫りや社外パーツでディテールアップを施しています。 今後もバリエーション豊かなザクシリーズを作って行こうと思います。
399Pt
投票
vukovichさん
2014-02-26 03:36:31
後の機体開発にも大きな影響を与えたMS史上屈指の傑作機として名高いザクFを自分なりにモディファイしてみました。 キットがバージョン2であることからスタイルや可動域等、殆ど気になる点はありませんが、ザクシリーズに共通してどうしても気になる頭部ダクトの精密性と腰部アーマーの隙間などを中心に改修しています。
340Pt
投票
vukovichさん
2014-02-17 04:36:56
今回は、機雷散布という特殊任務を遂行するためにランドセルの換装が行われたというザクマインレイヤーを制作しました。 汎用機の作りなれたフレームは作る度に完成度を増して行くようで、幾つ作っても飽きの来ないバリエーションの豊富さがこのモデルの最大の魅力でしょうか。
321Pt
投票
vukovichさん
2013-12-02 03:05:45
今回は「MG SINANJU Ver.Ka」をマットフィニッシュで製作しました。 今回も前回同様、出来る限り細かくディテールを追加してみましたが、2回連続で同じキットを作ると前回の反省点を踏まえることが出来るのでより高い完成度になったと思います。 梨地のようにザラザラにならないようにギリギリ鈍い光を放つ程度のつや消しを目指しました。
330Pt
投票
vukovichさん
2013-10-07 18:41:28
今回は「MG SINANJU Ver.Ka」を製作しました。 MGシナンジュはクオリティーが高く、手を加える箇所が殆どありませんが、 出来る限り細かくディテールを追加してみました。 また、このモデルはつや消しの作品が多いので、今回はイタリアのスポーツカーのような艶の有る赤で仕上げてみました。(改修項目は以下の通り) ●モノアイを市販のメタルパーツにオーロラ加工したレンズを組み合わせたものに変更。 ●バルカンには研磨加工済みのステンレスパイプを埋め込んで精密度をアップ。 ●オリジナルの状
344Pt
投票
vukovichさん
2013-07-05 06:44:56
今回、細かなディテールアップを多数施しましたが、 メインは肩の装甲の大型化と脛部の延長です。 肩部はプラ板を足して横に2.0隻増。 脛部は外装にプラ板、フレームにABS材、 各々に適した素材で2.0世困脹篦垢掘 フレームの延長には強度を持たせるために 芯材を各2本ずつ組み込んでいます。
281Pt
投票
vukovichさん
2013-04-22 12:15:52
バンダイの1/100MGシリーズと1/144HGUCシリーズの異なるスケールキットを組み合わせ1台を作り上げたミキシングビルドで、単に流用部品同士を貼り合わせるだけでなく、不足する部品をスクラッチで作り出して大幅な意匠改造を施し、自分の理想を具現化してスタイリッシュなフォルムに仕上げました。
369Pt
投票
ブックマーク(0)
  • お知らせ
  • アクセス
Facebookページもフォロー!