• 基本情報
  • プロフィール
  • ともだち
  • コミュニティ
プロフィール
 
アバター ozcat
ユーザ名 ozcat
ニックネーム おずねこ
ランク  四ツ星 (投稿数:182)
ホームページ http://godblessthemoon.blog.fc2.com/
居住地 北海道
一言自己紹介 ガンプラ、Ma.Kが主食ですが、最近はジオラマばっかり作っていて、完成品が増えません。。
ozcatさんの友達リスト
dawa
dawa
Rougee17
Rougee17
kagerou
kagerou
NRI
NRI
masa45296
masa45296
kobaruto
kobaruto
kirakyoro
kirakyoro
terasawa
terasawa
GEKI
GEKI
全てを見る (11)
友達からの紹介文
ジオラマ作品のみならず、サイコガンダムの様な大型の作品も熟される構成力…
HPの過去の作品を観て頂ければ、その作品の数々の凄みが観えてきますよ…
今後の作品も是非、お見逃しなく…(^^♪
全てを見る (1)
おずねこ ozcatさん(おずねこ)
2016-03-30 17:10:22
全日本ディフォルメ選手権に参加させてもらった作品です。 ザクっぽいキットのミキシングにて。頭は1/35ザクヘッド、胴は1/100ガラバゴス、腰ブロックはプラ板箱組、肩と靴はHGUCザク、など。 詳しくはブログを見ていただければ…と思います。
78Pt
投票
おずねこ ozcatさん(おずねこ)
2015-11-21 16:11:50
告知も兼ねて久々に投稿します。 「……サザビーB型は、ニュータイプ専用機であるサザビーを通常指揮官機として使用できるよう、実験的に生産された重力下戦闘用のMSで、ファンネルポッドを廃しウェイトバランスを変更して走行性を高めている……」 近藤和久先生のコミック「ジオンの再興」やホビージャパン別冊「NEW GENERATION」に登場する機体です。私がこれをミキシングで製作したのは15年くらい前、旧MGサザビーとザクおよび旧キットのサザビーの三個イチだと思います。 缶スプレーで下地のあと、ウォッ
72Pt
投票
おずねこ ozcatさん(おずねこ)
2014-03-22 12:09:46
春の別れと出会い、のようなシチューエーションでジオラマ、というかヴィネット?にしました。 革ジャンのフィギュアが成長したミドキッズ、黄色い服のがウィーゴに憧れる子ども…みたいな。 ウィーゴ連投!? さて飛ばない理由仕上げないと〜。
97Pt
投票
おずねこ ozcatさん(おずねこ)
2013-12-30 14:40:17
国内に11人くらいしかファンがいないのでは……と危惧しつつ、AMX-011ザクIIIをヴィネットにしてみました。年内には完成するかな〜、と思っていましたが、よもやこんなギリギリとは…。 ガンダムヘッドコレクションのザクIIヘッドをベースにした、ザクIIIの胸像ヴィネットです。 シチュエーションとしては0088年の10月、ダカール占領後のネオジオン整備兵たちのワンシーンという感じです。 「星三つめだぜ…たいしたモンだよ、うちの少尉さん」 「ああ…、始めるぞ」 ーーコンプレッサーの作動音。
161Pt
投票
おずねこ ozcatさん(おずねこ)
2013-11-30 16:52:39
MGキット改造により「量産型キュベレイ」の半身を製作し、整備ジオラマに仕立てています。 主題としては「コクピット内のパイロットと共に調整中のキュベレイ、そこに悪ふざけを仕掛けるプルシリーズの一人」というところです。 キュベレイの天蓋に「サイコミュ機とパイロットのリンク(精神的同期)」を調整する「サイコミュ調整モジュール」をデザインし、中段にニュータイプ研究機関の出張所、下段をトーイングカーの道路として、多層構造で変化のある風景を目指しました。 使用しているフィギュアが1/72なので、スケール設定する
263Pt
投票
おずねこ ozcatさん(おずねこ)
2013-10-30 02:36:06
過去作……2007年作です。 ORX-005 ギャプランTR-5[スピードウェル] ヘイズルコンペの景品にいただいたプリムローズを使って何か作りたい、という動機で製作しています。ギャプランに脱出ポッドプリムローズとレドームを取り付け、早期警戒機(EWAC機)としてみました。レドームはアイザックから流用し(当時は旧キットしか無かったな〜)、このデザインはAOZ別冊のジム改高機動型に準じています。 フロントアーマー隠し腕に山越えカメラ(デザインはネロから)とサブレドーム(Zプラスから)を設置。頭部は
168Pt
投票
おずねこ ozcatさん(おずねこ)
2013-08-30 22:41:04
2007年当時、電撃ホビー誌で連載されていた「A.O.Z. ティターンズの旗のもとに」が好きで、コンペに参加した作品です。 ヘイズルガンダムの基本フレームに増加パーツとムーバブルフレームの腰部、脚部を接合した、ガブスレイの実験機をコンセプトにしています。 作品はHGUCヘイズル及びガブスレイの脚部を使用し、キットの可変も生かしています。お気に入りは中間形態。塗装はT3部隊らしい基本塗装に、ウォッシング、半光沢クリアーで仕上げました。 電撃誌のコンペに間に合わせるため、3つのキットを購入した日から
295Pt
投票
おずねこ ozcatさん(おずねこ)
2013-07-01 21:05:23
過去作品です。 …エゥーゴとの抗争で失われた機体を再建造した、というコンセプトで、大型機なりの異形感を表現できればな〜と思って製作しています。 いわばサイコガンダム3号機とでもいいますか…。 もともとはかつて電撃誌に掲載されていたソロモンエクスプレスにて、小林誠氏が描かれたZZが発想の原点です。あのプロポーションを真似て製作しています。 MGガンダムやザクなど比較的プレーンなパーツの多いキットを関節などに流用しています。 モビルフォートレス形態もとれ、製作期間は浮気をしつつ一年半ほど…思い入れの
541Pt
投票
おずねこ ozcatさん(おずねこ)
2013-05-15 13:49:46
これまでMa.K関連のジオラマをいくつか作りましたが、初のガンプラジオラマになります。 ノルウェーのカラバ基地攻略のため進軍するネオジオン部隊……という想定で製作しています。 MGとHGUCのミキシングにて、近藤版マラサイH型を製作、フィギュアは1/72プライザーからの改造、ワッパは1/72にてスクラッチです。 針葉樹に手こずりましたが、なんとかまとまってくれたかな…という感じ。 purejamさん主催「コンコバコン3」参加作品です。 詳細はコンペ会場orブログにも掲載しておりますので
177Pt
投票
ブックマーク(0)
  • お知らせ
  • アクセス
Facebookページもフォロー!